概要

ビジネスでは災害発生時であってもダウンタイムを許容することはできません。ダウンタイムやデータ損失の脅威は日々増大しており、復旧への目標の向上、重要なデータの保護、運用効率の確保に役立つ高度な復旧ソリューションを手ごろな価格で手に入れる必要があります。IBM Disaster Recovery as a Service(DRaaS)は、クラウドへの重要なアプリケーション、インフラストラクチャー、データ、システムの継続的な複製を提供して、IT障害から数分以内に復旧できるようにします。オーケストレーションは、統一されたDR管理アプローチによってリアルタイムで実施できる障害復旧の検証を提供します。

継続的な複製

プライベート/パブリック/ハイブリッド・クラウドのいずれの環境でも使用して物理サーバーと仮想サーバーを複製し、ビジネスの常時稼働を維持します。

Disaster Recovery(DR)のオーケストレーション

リアルタイムで実施できる検証とプロセス全体の認識の向上により、迅速で費用対効果の高いDRワークフローの自動化を実現します。

コストを削減

社内の余分な復旧用サーバーの必要性を排除します。

データ駆動型のエコシステムの作成

有効活用されていない「ダーク・データ」を新たなビジネス価値に変えます。

仕組みを見る

購入・お問い合わせ