スポットライト

先進で使いやすいIBM Zシステムの開発

高度なCOBOL、PL/I、JCLのエディターがサポートされているほか、ナビゲーション機能が改善され、リアルタイムの構文検査と強調表示を伴うコンテンツ・アシスト、コピーブックとJCLプロシージャーのハイパーリンク、およびシーケンス番号のサポート機能を備えています。

複合的なIBM Zシステム・アプリケーションの高度なデバッグ

COBOL、PL/I、C/C++、アセンブラーのアプリケーションなど多様なz/OS環境のデバッグでは、IBMの戦略的デバッグ・コンポーネントであるIBM z/OS Debuggerを使用できます。

アプリケーションの構造と品質の高度な分析ツール

組織内のプログラミング規約に準拠するCOBOLおよびPL/Iアプリケーションを提供するために役立つアプリケーション構造分析、コード分析、およびコード・メトリックを使用できます。

開発環境のカスタマイズと拡張

柔軟なカスタマイズ・オプションにより、開発者は使いやすい方法で作業できます。このワークベンチは、文書化されたAPIと企業固有のカスタマイズ可能なツールが提供されます。

ソースの制御、ライフサイクル管理、問題診断

Rational® Team ConcertとCA Endevor Software Change Managerとの統合を活用して、情報の連携とソース・コードの管理を向上できます。IBM Application Performance Analyzer for z/OS、IBM Fault Analyzer for z/OS、IBM File Manager for z/OSとの統合により、問題解決を迅速化できます。

お客様のニーズに合ったライセンスの交付

お客様のビジネスに最適なツールとライセンスを選択できます。IBM Developer for z Systemsは、IBM z/OS Debuggerを組み込み、ユーザー単位でライセンス交付されます。さらに多くの機能が必要な場合には、IBM Debug for z Systemsをバリュー・ユニット料金設定のIBM Developer for z Systems Enterprise Editionに追加できます。あるいは、IBM Application Delivery Foundation for z Systemsでさらに大規模なオファリングの一部として包括的なツール・セットを取得できます。

新機能

SonarLintとの統合により、コード品質に関するオンザフライ・フィードバックを提供します。V14.1では、複雑なアプリケーションのリファクタリングのツール、その他のz/OS Automated Unit Testing Framework(zUnit)機能、IBM z/OS Debuggerの機能拡張、Eclipse 4.6.3(Neon)のサポートが提供されます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

      おすすめ関連製品

      IBM Application Delivery Foundation for z Systems

      z/OSアプリケーション開発用の企業向けツール

      詳細を表示

      IBM Application Performance Analyzer for z/OS

      システムとアプリケーションの性能を測定、レポート、および最大化します。

      詳細を表示

      IBM Debug for z Systems

      z/OS環境の複合アプリケーションに対する高度なデバッグ

      詳細を表示

      IBM File Manager for z/OS

      柔軟で使いやすいアプリケーション開発ツールを提供します。

      詳細を表示

      IBM Fault Analyzer for z/OS

      アプリケーションとシステムの障害を分析および修正

      詳細を表示