スポットライト

V14.1の新機能

コード・カバレッジ機能の向上、およびz/OS V2.3、Enterprise COBOL for z/OS V6.2、Enterprise PL/I for z/OS V5.2、Automatic Binary Optimizer for z/OS V1.3、CICS TS for z/OS V5.4、IMS for z/OS V14.1、z/OS V2.3 XL C/C++、Db2 for z/OS V12.1を新たにサポートしています。

z/OS環境の詳細かつ幅広いサポート

IBM Debug for z Systemsは、バッチ、CICS、IMS、Db2、z/OS Unix、TSO環境などのサブシステムを幅広くサポートします。最新および従来のハードウェア、コンパイラー、z/OS、CICS、IMS、Db2、バッチをカバーします。

IBM Developer for z Systemsのデバッグ体験を拡張

IBM Developer for z Systemsとの統合でご利用いただけるビジュアル・デバッグでは、現在の実行パスを含むプログラムの実行フローをグラフィカルに表示する機能や、ソース・エディターからブレークポイントを設定する機能も提供されています。

便利なコード・カバレッジおよびトラッキング機能

IBM Debug for z Systemsには、アプリケーションの品質を向上させるため、テスト済みのコード行を追跡する機能が提供されています。

貴重なデータを手軽に活用

IBM Debug for z Systemsを利用して、変数、レジスター、メモリー、式をモニターできます。

生産性を向上させるソース・レベルのデバッグ・オプション

IBM Debug for z Systemsのソース・レベルのデバッグでは、ステートメント、プログラム、条件にブレークポイントを設定して、それらのブレークポイントまで実行した後、変数やストレージの値を表示させて変更するなどの操作が可能です。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

      技術仕様

      Debug for z Systemsはz/OS Debuggerを基盤としています。z/OS Debuggerは、IBM 統合デバッガーとIBM Debug Toolの2つのエンジンを1つにまとめた、z Systemsの次世代のデバッグ技術です。z/OS DebuggerはIBM Developer for z Systems、IBM Developer for z Systems Enterprise Edition、Application Delivery Foundation for z Systemsにも含まれています。

        おすすめ関連製品

        IBM Developer for z Systems

        z/OSアプリケーションを開発・保守するための高度なツール・セット

        詳細を表示

        IBM Application Performance Analyzer for z/OS

        システムとアプリケーションの性能を測定、レポート、および最大化します。

        詳細を表示

        IBM File Manager for z/OS

        柔軟で使いやすいアプリケーション開発ツールを提供します。

        詳細を表示

        IBM Fault Analyzer for z/OS

        アプリケーションとシステムの障害を分析および修正

        詳細を表示

        購入・お問い合わせ