概要

IBM Debug for z Systemsは、COBOL、PL/I、C/C++、アセンブラーで記述されたz/OSアプリケーションのデバッグとコード・カバレッジを提供し、従来のアプリケーションも幅広くサポートします。これにはIBMの次世代デバッグ・テクノロジーであるIBM z/OS Debuggerが採用されています。IBM z/OS Debuggerは高度なソース・レベルのデバッガーで、64ビット・アプリケーションや最適化されたプログラムのデバッグも可能です。IBM Debug for z Systemsには、3270ユーザー・インターフェースが提供されているほか、IBM Developer for z Systemsおよびz/OS Explorer AQUAとの統合により、リモートのグラフィカル・ユーザー・インターフェースも利用できます。

日常の開発業務を加速

開発者はテストやデバッグ中に、コンテキストでプログラムの実行を調べ、モニターし、制御できます。

テストの最適化

コード・カバレッジとコード・カバレッジの結果を組み合わせて使用し、テストのリソースを最適化します。

デバッグの簡素化

Developer for z Systemsとの統合により提供される、高度な視覚化技術を備えたビジュアル・デバッグを使用することで、特に複雑な z/OSアプリケーションも容易に理解できます。

主要な機能

  • V14.1の新機能
  • z/OS環境の詳細かつ幅広いサポート
  • IBM Developer for z Systemsのデバッグ体験を拡張
  • 便利なコード・カバレッジおよびトラッキング機能
  • 貴重なデータを手軽に活用
  • 生産性を向上させるソース・レベルのデバッグ・オプション

購入・お問い合わせ