包括的なz/OSデバッグおよびコード・カバレッジ

IBM® Debug for z/OS®はCOBOL、PL/I、C/C++、アセンブラーで記述されたz/OSアプリケーションのデバッグとコード・カバレッジに対応する一方、レガシー・アプリケーションも幅広くサポートします。これにはIBMの次世代のデバッグ・テクノロジーであるIBM z/OS Debuggerが採用されています。これは全ソース・レベルのデバッガーで、64ビット・アプリケーションだけでなく、最適化されたプログラムのデバッグも可能です。IBM Debug for z/OSには3270ユーザー・インターフェースが装備されているほか、IBM Developer for z/OS、IBM Z Open Development、およびz/OS Explorer AQUAとの統合により、リモートのグラフィカル・ユーザー・インターフェースも利用できます。

開発者の日常業務を加速

開発者はテストとデバッグを行いながら、プログラムの実行をコンテキストに沿って検査、モニター、制御できます。

テストを最適化

コード・カバレッジとコード・カバレッジの結果を組み合わせて使用し、テストのリソースを最適化します。

デバッグを簡素化

IBM Developer for z/OS Enterprise Edition、IBM Developer for z/OS、またはIBM Z Open Developmentが提供する価値の高い機能であるビジュアルなデバッグを活用すると、複雑なz/OSアプリケーションを簡単に把握できます。

IBM Debug for z/OSの機能

  • z/OS環境の詳細かつ幅広いサポート
  • デバッグ体験の強化
  • 便利なコード・カバレッジおよびトラッキング機能
  • 貴重なデータを手軽に活用
  • 生産性の高いソース・レベルのデバッグ・オプション

仕組みを見る

今すぐ試す