スポットライト

独自のインメモリー・データ処理

IBMのインメモリー・カラムナー処理技術であるBLU Accelerationを使用しています。これにより、データ・セット全体がメモリーに収まる必要はなく、圧縮解除は不要で、データのプリフェッチとデータのスキップを実行できます。

IBM Netezza In-DBアナリティクス

IBM Netezza In-DBアナリティクス機能がDb2 Warehouse on Cloudに直接組み込まれており、線形回帰、デシジョン・ツリー・クラスタリング、K平均法クラスタリング、ESRI互換の地理空間データに関する拡張機能などの、複数のアルゴリズムが装備されています。

統合されたRの開発と導入

開発用のRStudioとRイン・データベース機能が統合されているため、データベース内のデータを直接分析できます。Webコンソールを使用し、数分間でデータをロードして分析を実行できます。

コンプライアンスが認定されたセキュリティーとプライバシー

IBM Db2 Warehouse on Cloudは、安全なクラウド・プラットフォームで提供され、HIPPA、ISO、SOCなどの標準に準拠しています。堅固なセキュリティー機能により、共有環境とマルチテナント環境の両方でのアクセスが可能です。

データの移行、変換、ロードが簡単なサンドボックスとして

構造化、半構造化、非構造化のいずれのデータであっても、Db2 Warehouse on Cloudは、データを素早く簡単にロードするための多数のツールとAPIを提供します。Twitter、オープン・データ、Cloudant JSON向けに自動的なスキーマの生成とデータ・ロードが提供されています。数回のクリックだけでデスクトップやクラウドのソースからデータを直接ロードできます。オンプレミスのデータもIBM Liftにより高速にロード可能です。分析に必要なデータを自由に抽出し実験できる、「サンドボックス」をすぐに用意できます。

In-DBアナリティクス機能の使用と統合ツールへの接続

SQL内部からIn-DBアナリティクス機能を実行できます。これらの分析機能によって、分析照会を実行する場合のアプリケーションの性能が加速化します。Db2 Warehouse on Cloudに接続する分析ソフトウェアを使用するか、ご使用の環境からRスクリプトを実行して、データを分析できます。Esri ArcGIS for Desktopを使用して、地理空間データを分析し、視覚化できます。Rスクリプトを実行して、データベース間でデータを取得したり、書き込むことができます。

IBM Watson Analytics with Db2で分析をよりスマートに

Watson Analyticsは、自分でデータからパターンや意味を素早く見つけるために使用できる、データの分析と視覚化のためのスマートなクラウド・サービスです。ガイド付きのデータの調査、自動化された予測分析、自然言語対話などのコグニティブ機能により、自分が簡単に理解できる回答を得ることができます。Db2 Warehouse on Cloudを使用すると、数回のクリックだけで統合されたWatson Analyticsにアクセスして、データからさらに大きな価値を引き出すことができます。

仕組みを見る

今すぐ試す