概要

IBM Cloudant は、データの可用性、耐久性、移動性を高めるように最適化された管理不要のフル・マネージド型の JSON ドキュメント DBaaS です。特に、急速に広がりを見せているモバイル・アプリケーションや Web アプリケーションに最適なサービスです。Cloudant の特長である高度なインデックス作成機能や、複数のデータセンターやデバイスにわたってネットワーク・エッジまでデータを届ける機能により、アクセスの高速化とフォールト・トレランスの向上を実現します。ユーザーは、いつでも、どこでもデータにアクセスできます。下記の動画をクリックしてCloudantによりどのように大量データの読み書きが可能となるのかについてご覧ください。

コピーの配布

データベースに対する読み取り/書き込みアクセスをネットワーク・エッジにまで分散することにより、どのような規模でもノンストップで作動します。

スケールとアップタイムの増大

複数のデータセンターやデバイスにわたり、読み取り可能/書き込み可能なデータ・コピーを複製して同期します。

データを継続的に同期

データベース・アクセスを拡大して、スケーリングによる拡張と、オフラインでのクライアント・アプリケーションの実行を可能にします。データ・アクセス制御、暗号化、データ・バックアップの機能を使用します。

あらゆる構造のデータを保管

自己記述型 JavaScript Object Notation (JSON) ドキュメントの保管、インデックス作成、配布を自動的に行います。

その他のソフトウェアと統合

Rackspace、IBM SoftLayer®、Amazon Web Services (AWS)、Windows Azure から柔軟に選択でき、オンデマンドでプラットフォームも変更することができます。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

IBM Cloudで使用可能

この製品は、アプリケーションの作成、実装、管理を素早く簡単にオープン・ソース環境のIBM Cloudで実施できます。

詳細を表示