スポットライト

「Any-to-Any」のデータ変換

ITXは業界標準に基づいたモジュール式の包括的なソリューションです。任意の構造化データまたは非構造化データを変換することができ、企業規模でのコーディングは不要です。

最新のユーザー・エクスペリエンス(UX)で価値実現までの時間を短縮

堅牢なユーザー・エクスペリエンスでWebブラウザーから効率的なデータ・マッピングが行えます。好みのブラウザーとのシームレスなユーザー対話により、データ・マッピングがより簡単かつ迅速になります。

クラウドに常駐するデータのエンゲージメントと変換

クラウド・プラットフォームでデータを変換します。さまざまなアダプターを使用して、オンプレミスでもクラウドでも、データが存在する場所でデータをエンゲージします。AWS、MongoDB、HDFS、Kafkaなどのクラウド・アダプターをサポートしています。

クラウド標準APIとのシームレスな対話

RESTful APIを採用し、ユーザーとシステムの対話の効率化と構造化を実現。アプリケーションやバックエンド・システムに素早く接続します。 RESTful APIを使用してUXから直接、マップをデプロイします。

Dockerコンテナーで管理時間とコストを削減

DockerコンテナーにITXをデプロイすれば、オンプレミスでもクラウド・エンドポイントでも、インストールと保守の時間が短縮されて、総所有コストを大幅に削減できます。

ITX業界固有のパックで必須規格を維持

業界パックは、選択した業界に固有の規制や規格に対応します。金融サービス・パックは、SWIFTやNACHAのサポートなどの重要な要件に対応します。医療パックは、HIPAAやHL7の要件に対応しています。サプライ・チェーン・パックは、X.12やEDIFACTなどの重要な標準に対応しています。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Transformation Extenderのソフトウェア要件は次のとおりです:

    ハードウェア要件

    IBM Transformation Extenderのハードウェア要件は次のとおりです:

    • オペレーティング・システム: AIX、HP-UX、Linux、Solaris、Windows、z/OS