概要

企業が把握していない問題が、企業に損失をもたらすことがあります。ビジネス・プロセス、運用、競争力に影響を及ぼす可能性のある重要なビジネス・データへのリスクを特定して、問題の発生を防ぐ必要があります。IBM Data Risk Managerのデータ・リスク・コントロール・センターは、データ関連のビジネス・リスクの特定、分析、視覚化ができるため、企業の経営幹部とそのチームがビジネスをリスクから守る措置を講じるためのお役に立ちます。
IBM Data Risk Manager

ビジネス上重要なデータを特定

価値が高くビジネスに重要な情報資産のうち、社内外からの脅威にさらされているものを特定します。重要資産データに関連するビジネス・メタデータの包括的見解を提供します。

潜在的リスクを分析

重要なビジネス情報資産、データ、プロセスに影響を及ぼす可能性のある潜在的リスクを早期に可視化します。

機密漏れを視覚化

ビジネスで使用できるデータ・リスク・コントロール・センターを使用して、経営幹部にデータの意味と価値を伝えることができます。プロセスの改善やリスクの軽減のために、IT、セキュリティー、基幹業務の各部門と有効なコミュニケーションをとることができます。

主要な機能

  • 対話式のデータ・リスク・コントロール・センター
  • データの検出と分類
  • 自動分析
  • ビジネス・リスクの評価とモデリング

製品イメージ

データの所在、インシデント、ぜい弱性のグローバル・マップ
データの所在、インシデント、ぜい弱性のグローバル・マップ
機密データ情報
機密データ情報
最もリスクにさらされている情報資産の可視化
最もリスクにさらされている情報資産の可視化
ぜい弱性のヒストグラム
ぜい弱性のヒストグラム

仕組みを見る

詳細を表示