概要

IBM Spectrum Protectは、物理的、仮想的、ソフトウェア定義またはクラウドの環境にホストされたデータの保護を簡素化します。IBM Spectrum Protectの活用によって、企業はバックアップ管理の簡素化、効率性の向上、容量の拡張容易性、拡張機能の使用などを実現しながら、データの管理と保護に適切なソフトウェアを選択できます。また、優れた仮想マシン(VM)保護機能を備えたIBM Spectrum Protectは、IBM Spectrum Protect Plusと統合されており、検索可能なカタログおよび役割ベースの管理により、迅速かつ簡単に仮想環境を保護します。
IBM Spectrum Protect

使いやすさ

スナップショットとバックアップを使用して、仮想マシンと物理マシン向けに単一のデータ保護プラットフォームとシンプルな管理を提供します。

拡張する効率性

ソフトウェアとして提供される拡張が容易な高い性能により、バックアップ・インフラストラクチャーのコストを最大53%削減します。

ハイブリッド・クラウドとオブジェクト

クラウドとオンプレミスの幅広いストレージ・オプションにより、価格と性能の目標達成を実現します。

データ保護の最適化

インスタンスごとに最大4ペタバイトのユーザー・データを保護すると同時に、ポリシーに基づくマルチサイトへの複製と柔軟な復元の機能を装備しています。

主要な機能

  • 拡張性
  • シンプル
  • クラウドおよびビッグデータ時代のストレージ変革
  • リーダーとしての認定

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る