概要

IBM Spectrum Protect™は、物理ファイル・サーバー、アプリケーションや仮想環境に拡張性の高いデータ保護を提供します。 バックアップ・サーバーごとに数十億ものオブジェクトを管理するよう拡張することが可能です。 また標準装備のデータ効率機能、テープ、パブリック・クラウド・サービスやオンプレミスのオブジェクト・ストレージへのデータ移行機能により、バックアップ・インフラストラクチャー・コストを削減することも可能です。 またIBM Spectrum Protect PlusでIBM Spectrum Protectにデータをオフロードすることも可能で、これにより長期のデータ保存や障害復旧の際に既存の投資を活用できます。

マルチ・ワークロードの保護

物理ファイル・サーバー、仮想環境、および広範囲のアプリケーションでのデータ保護を統一してシンプルにすることで、運用コストを削減します。

非常に優れたスケーラビリティー

最大4ペタバイトまでのクライアント・データの管理と、1日当たり最大100テラバイトまでの新規および変更済みのクライアント・データの取り込みが可能なIBM Spectrum Protectサーバーは、大規模なデータ増加にも対応可能です。

ストレージ効率

永久増分バックアップ、圧縮、重複排除により、卓越したストレージ効率性を実現します。

サイバー・レジリエンシー

ストレージ環境を注意深く監視し、ランサムウェア攻撃の兆候を素早く検出し、プロアクティブなセキュリティー通知を受けることができます。

費用対効果に優れたデータ保存

非アクティブ・データのAWS S3 Intelligent-Tieringサポートを含む、クラウドとオンプレミスの幅広いストレージ・オプションにより、価格と性能の目標達成を実現します。

投資の活用

IBM Spectrum Protect Plusをご利用のお客様は、長期データ保存や災害復旧のためにIBM Spectrum Protectを活用できます。

主要な機能

  • 拡張性
  • シンプル
  • クラウドおよびビッグデータ時代のストレージ変革
  • リーダーとしての認定

仕組みを見る

購入・お問い合わせ