概要

IBM Datacapは、ビジネス文書のキャプチャー、認識、分類を簡素化し、重要な情報を抽出します。Datacapはスキャナー上の紙文書、モバイル端末、多機能の周辺装置およびFAXを処理することにより、複数チャネルのキャプチャーをサポートします。IBM Watsonにあるような自然言語処理、テキスト分析および機械学習のテクノロジーを使用して、非構造化文書またはばらつきのある文書からのコンテンツを自動的に識別、分類、および抽出します。このソフトウェアは人件費と用紙代を削減し、意味のある情報を提供し、迅速な意思決定を支援します。

先進的なデータ・キャプチャー

スキャナー、FAX、デジタル・ファイル(PDFなど)に加え、アプリケーションやモバイル端末からの画像もサポートします。

コグニティブ処理

機械学習を使用して、複雑なフォーマットや不明なフォーマット、さらには従来のシステムではキャプチャーが困難な、非常にばらつきのある文書の処理を自動化します。

他のターゲットにエクスポート

文書や情報をIBMや他のベンダーからの幅広いアプリケーションやコンテンツ・リポジトリーにエクスポートできます。

適応可能な規則ベースのキャプチャー

シンプルなポイント・アンド・クリックのインターフェースを使用する、キャプチャーのワークフローとアプリケーションの構成を提供して、素早く実装できます。

役割ベースの編集

要求者の役割に基づいて、ユーザーの仕様に従って情報をブロックアウトして、文書を自動的に編集できます。

役割ベースのジョブ・フィルタリング

役割ベースのジョブ・フィルタリング機能を使用して、コンテンツ取り込みワークフローを自動的に分割し、生産性を向上させます。

主要な機能

  • 機動性の拡充
  • コグニティブ・キャプチャー
  • 複数チャネルのキャプチャー
  • 他のECMソリューションとの統合
  • クラウドでの文書キャプチャー
  • 役割ベースのコンテンツ管理でのデータ保護

仕組みを見る

詳細を表示