IBM Spectrum Archiveによるビジネス効果

IBM Spectrum StorageファミリーであるIBM Spectrum Archiveは、Linear Tape File System(LTFS)フォーマット規格に準拠し、テープ・カートリッジ上のデータの読み書きやカートリッジ交換を行います。これにより、IBMテープ・ドライブやライブラリーに保管されているデータへの直感的かつグラフィカルなダイレクト・アクセスを実現します。Spectrum Archiveは、テープに保管されたデータへアクセスするために、追加のソフトウェアは必要ありません。LTFSフォーマットのデジタル・ファイルを管理するため、Spectrum Archiveには、Single Drive Edition、Library Edition、Enterprise Editionという3種類のエディションが提供されています。
IBM Spectrum Archive

使いやすさ

テープ上に保管したデータへのアクセスや管理が、HDDと同じ様に容易にできます。ファイルのドラッグ・アンド・ドロップも専用のソフトウェアは不要で、プラットフォーム間のファイル共有を実現します。

データへの高速アクセス

従来のバックアップ・ソフトウェアを使うことなく、ディレクトリーやファイルの表示が可能です。

ファイルの可搬性

多様なオペレーティング・システム(OS)やソフトウェアの間でテープを簡単に交換できます。

コストの削減

プライマリー・ディスクのアクセス性能を必要としないデータ向けにストレージ・コストを削減します。

高可用性の実現

データの可用性に影響を与えることなく、容量を拡張します。

テープ・リソースを最適化

リストアにかかる時間を短縮して、テープ・リソースの最適な使用効率を実現します。

主要な機能

  • グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)
  • IBM Spectrum Scaleとの連携
  • ストレージの階層化
  • ポリシー・ベースのデータ移行
  • ファイルのドラッグ・アンド・ドロップ
  • 柔軟なデータ共有
  • 容易なデータ・アクセス
  • データ・ストレージの効率性
  • アプリケーション・インターフェースの活用
  • LTFSフォーマット

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

購入・お問い合わせ