概要

コグニティブ探索とコンテンツ分析のプラットフォームであるIBM® Watson Explorerを活用すると、データから洞察を引き出すことができます。構造化データと非構造化データを探索および分析して、意思決定や顧客サービス、ROIを改善するための傾向とパターンを明らかにします。IBMのお客様は、Watson Explorerを活用して、受信した通話やe-メールの100%を理解することで、情報の品質と活用能力を改善しています。機械学習モデル、自然言語処理、次世代APIを搭載した標準のコグニティブ機能によりすべてのデータから価値を引き出し、顧客の全体像を把握できます。

顧客接点の質の向上に

コールセンターで問い合わせ履歴を詳細分析、クレームや重要問題に適切に対応するベスト・プラクティスを把握。効果的なFAQ作成支援し、オペレータによる顧客への迅速な回答、応対をサポート。

製品・サービスの向上に

顧客の声やソーシャルメディア等のビックデータを統合的に収集、分析。顧客視点での商品企画につなげたり、競合との差別化を図る

高度な知識が必要な業務の支援や技術の伝承に

過去の技術報告書から熟練者のナレッジを抽出してデータベース化。技術伝承に活用することで業務効率と後継者の育成を図る

ソリューション

複数のサイロにわたる全データの統一見解を得て、インサイトを実現し、意思決定を向上させます。

分析

高度なコンテンツ・アナリティクスにより、構造化データと非構造化データからより深いインサイトを得られます。

解釈

Watson Developer Cloud が提供する最先端のコグニティブ API によって専門知識を広げます。

製品イメージ

検索、分析、視覚化
検索、分析、視覚化
傾向やパターンなどを明らかに
傾向やパターンなどを明らかに
Watson API を統合
Watson API を統合
すべてのデータにアクセス
すべてのデータにアクセス
リアルタイム・インサイト
リアルタイム・インサイト

仕組みを見る

今すぐ試す