概要

IBM Tivoli Composite Application Manager for Application Diagnostics on z/OSを使用すると、WebアプリケーションやWebサーバーの正常性を確認できます。特定のアプリケーション要求に対する詳細な診断情報を得て、問題の根本原因を特定します。このソフトウェアは、Java EEアプリケーション環境全体で複合アプリケーションを管理する一貫性のある方法を提供します。ユーザーに影響を与える前に、問題となりうる状況を検出して修正できるように、アラートを設定できます。より迅速に性能の問題を解決して、ダウンタイムによるコストを削減し、お客様の満足度を改善します。

ユーザーに影響が及ぶ前に問題を修復

アプリケーション・コード、サーバー・リソース、または外部システムの依存関係のボトルネックやその他の問題の原因を特定できます。

アプリケーションのライフサイクル管理を簡素化

新しく導入されたアプリケーションでも、アクティブになり次第すぐに監視できます。アプリケーションが変更されても、アプリケーション・コードを変更する必要はありません。

サブシステム全体の性能を管理

診断、レポート、分析、解決の各ツールを利用して、高度なアプリケーション管理および監視を行えます。

メモリー・リークの検出および分析

高度な診断によりJavaアプリケーション内のメモリー・リークを検出し、修正します。

主要な機能

  • ユーザーに影響が及ぶ前に問題を特定
  • ライフサイクル全体におけるアプリケーション管理を簡素化
  • サブシステム全体の性能の監視および管理
  • メモリー・リークの検出および分析
  • すべての未完了Java EEトランザクションの表示