概要

IBM Communications Server for Data Center Deploymentは、AIX、Linux、およびLinux on System zの各プラットフォームをサポートするCommunications Serverを統合し、拡張します。SNA、TCP/IP、イントラネット、エクストラネット、インターネットなどさまざまなネットワーク上で、ユーザーをエンタープライズ・ホスト・アプリケーションおよびデータに接続します。ワークステーションとホスト・システム、およびその他のワークステーションとの間でオールインワン通信サービスを提供できます。

Communications Server for Data Center Deploymentにより、お客様はネットワーク・プロトコルではなく、ビジネス・ニーズに基づいてアプリケーションを選択できます。小規模なシングル・プロセッサー・システムだけでなく、ハイエンドのマルチプロセッサー環境にも適した基盤となります。

IBM Communications Server for Data Center Deployment

管理の簡易化

イントラネットまたはインターネット上での簡易化された管理により、AIX、Linux、およびLinux on System zをサポートします。

強力なプログラミング

広範なアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)をサポートする高機能なプログラミング・インターフェースを備えています。

マルチネットワーク・プロトコル

マルチプロトコル・ゲートウェイとして機能することにより、アプリケーションが複数のネットワーク・プロトコル上で実行できるようにします。

安全性の強化

安全で堅固なTelnet環境およびリモートAPIネットワーク環境を提供します。

サポートの強化

SNAアプリケーション用のモバイルおよび動的接続性要件のサポートを組み込んでいます。

柔軟性の向上

既存のホスト・アプリケーションをインターネットに拡張することにより、ビジネスの柔軟性を高めます。

購入・お問い合わせ