概要

IBM Common Services Library for z/OSは、特定のIBM IMSツールが共有し、当該ツールで必要なさまざまなコンポーネントやインフラストラクチャー関連の、共通の機能を備えた無償の製品です。本製品は、Eclipseベースのプラグインとそれに対応するz/OSベースの製品間でのコミュニケーションを可能にする、コーディング済みのフレームワークです。Common Services Libraryは製品別にこのような機能を提供するのではなく、複数の製品に同じ機能を提供します。従来のIBM Functional Support Library for z/OSに代わる製品です。
IBM Common Services Library for z/OS

接続の統合と提供

特定のIBM IMSツールで必要な機能を使用します。

機能強化の実現

特定のIBM IMSツールで分散アクセスを可能にします。

データの安全性を維持

IMSのログ・レコードから、顧客のビジネス情報などの重要または機密のユーザー・データを削除します。