IBM Z Common Data Providerの機能

単一の収集点

共通インフラストラクチャーを使用して、SMFレコード(SMF 30およびSMF 80レコードなど)、RMF、SYSLOG(IBM z/OSシステム・ログ、USS SyslogD)、実行ジョブによってDDに書き込まれたJOBLOG出力、アプリケーション・ログ(IBM CICS Transaction Serverログ、IBM WebSphere® Application Serverログ)、汎用ファイルなどの運用データにアクセスします。また、お客様のアプリケーションによって生成された運用データを送信します。

ストリーミングまたはバッチ・モード

構造化データと非構造化データを、分析ソリューションにリアルタイムでストリーミングできます。 バッチ・モードを使用して、分析やトラブルシューティングのための詳細なデータを収集し、アーカイブ情報を取得して、繰り返し発生する問題を調査します。

直感的なWeb構成ツール

データを利用できる方法としてのデータ収集パラメーターと、データの利用者を素早く定義できます。 同じデータをIBM Operations Analytics Log Analysis、Splunk、Elastic Stackなど複数の利用者に送信できます。

高度なデータ・フィルタリング

高度なフィルタリングにより、お客様の分析プラットフォームに送信するレコードと、それらのレコード内のフィールドを細かく指定できます。

最適化されたSplunkへのデータ取り込み

取得するデータのボリュームを削減するために、SplunkへのIBM Zデータの取り込みが最適化されています。これにより、ライセンス・コストを節約し、より柔軟にIBM Zに対する洞察を得ることができます。

新しいデータ・タイプによる拡張

新しいSMFレコード定義をシンプルな構成で追加し、独自のタイプやサポートされていないタイプに対応できます。コード変更を要求したり待機したりする必要はありません。

おすすめ関連製品

IBM Z Operations Analytics

IBM Zシステムで素早く問題を特定して切り分け、解決します。

詳細を表示

IBM Z Operations Insight Suite

IBM Z運用データの処理と分析を単一の制御点で実行します。

詳細を表示

IBM Z Decision Support

企業レベルで柔軟なシステム・レポート機能を利用できます。

詳細を表示

IBM Tivoli Asset Discovery for zSystems

IBM Zソフトウェアを素早く識別し、コストを削減してリスクを最小限に抑えます。

詳細を表示

IBM Transaction Analysis Workbench for z/OS

トランザクションの性能を分析し、問題の解決を簡素化します。

詳細を表示

IBM OMEGAMON for z/OS

IBM z SystemsとIBM zEnterpriseの監視と管理

詳細を表示

仕組みを見る

購入・お問い合わせ