概要

セキュリティー・インシデントと利用可能な脅威データのボリュームは、熟達したセキュリティー専門家が扱える量をはるかに超えています。Watson for Cyber Securityを活用しましょう。非構造化データ(ブログ、Webサイト、調査資料など)を活用し、ローカル側のセキュリティー違反と相互に関連付けることで、巧妙な脅威を特定して理解するセキュリティー・アナリストの能力を補強します。IBM QRadar Advisor with Watsonは、Watsonのコグニティブ機能と業界トップレベルのSIEMソリューションであるQRadar Security Analytics Platformを結合して、隠された脅威を明らかにし、洞察を自動化して、セキュリティー・アナリストの業務に革命をもたらします。 QRadar Advisorは、IBM QRadarバージョン7.2.8以上の環境上で、ご利用頂けます。

インテリジェンス

人間が人間のために作成した非構造化データを解釈して、構造化データと相互に関連付け、新たな洞察を発見します。

スピード

人が見落とすような不明瞭なデータ・ポイントを接続して、脅威を正確に特定します。

正確性

強化された脅威調査とリアルタイムのインテリジェンスにより、悪意のある活動状況を正確に特定します。

主要な機能

  • インシデントにつながるローカル・コンテキストの理解
  • 脅威調査を実施して専門知識を発展
  • 脅威調査戦略を策定
  • 脅威を理解するためにインテリジェンスを適用

仕組みを見る