スポットライト

事前の訓練で習得した業界に関する専門知識

Watson Virtual Agentは、業界と事業領域に関するコンテンツの事前の訓練を経ているため、お客様が望む会話の多くをすでに理解しています。

個々の特性に合わせた構成

Watson Virtual Agentは、コーディングされるのではなく、構成されるものです。お客様の組織の特性に合わせて構成するだけで、機械学習やプログラミングの専門知識は必要ありません。

エンゲージメントの指標

Watson Virtual Agentとお客様とのやりとりに関する詳細な分析を確認して、顧客サービスを改善できる新たな機会を見つけることができます。

使いやすいツール

包括的な資料で構成されている参照ライブラリーを使用して、Watson Virtual Agentを迅速に習得して公開できます。クイック・スタートの組み込みコードやAPIを使用したり、SDKを使用して独自のコードを作成することができます。

ボットが提供するセルフサービス

Watson Virtual Agentは、コグニティブ技術を適用して、事前の訓練で習得した業界に関する専門知識により、個々の状況に適した顧客体験を提供します。

詳細な分析機能

Watson Virtual Agentが稼働したら、Engagement Metricsのダッシュボードを使用して、Watsonとお客様の会話に対する理解を深めることができます。システムを使用しているユーザーや、展開を調整して改善する理由を分析できます。

すぐに起動して実行

Watson Virtual Agentは素早く稼働します。多くのお客様が尋ねる一般的な質問の訓練をすでに経ているため、お客様は、自社に関する情報を教えるだけで済みます。お客様の準備ができたら、Webサイトやモバイル・アプリケーションに容易に組み込める小さなコード・スニペットが生成されます。

お客様による導入事例

  • Telco Industry Customer Support

    Telco Industry Customer Support

    問題点

    平均的な通信会社は、支援やアドバイスを必要とする顧客から年間6000万件の問い合わせを受けています。各問い合わせに対応するための平均コストが5ドルから10ドルの場合、どのようにしてコスト効率良く管理できるでしょうか。

    ソリューション

    Watson Virtual Agentは、ポストペイド・ワイヤレスの顧客をサポートします。 特に通信業界に関するコンテンツの訓練を習得しているため、コストが高いチャネルからの連絡を吸収して、課金、デバイス、サービス管理などに関する業界で一般的な質問に回答できます。

  • 業界共通の顧客サービス

    業界共通の顧客サービス

    問題点

    顧客の質問の大半は、何度も繰り返されます。こうした質問に人間の担当者が対応するのは、高額なコストがかかる有能な人材の無駄でしたが、効果的で顧客に評価される適切なデジタル・アプローチを見つけるのは、これまでは困難でした。

    ソリューション

    顧客サポートの第一線にWatson Virtual Agentを配置することで、大規模に多様なチャネルを介して回答を提供し、対策を取ることができるコグニティブな会話型セルフサービス・エンジンを顧客に提供できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

Watson Virtual Agentに必要なブラウザー・ソフトウェアは以下のとおりです:

  • Chrome(お使いのオペレーティング・システムの最新バージョン)
  • Firefox(お使いのオペレーティング・システムの最新バージョンおよびESR38)
  • Internet Explorerバージョン11
  • Safari(Mac用最新バージョン)

ハードウェア要件

Watson Virtual Agentにはハードウェア要件はありません。

    技術仕様

    詳細については資料をご参照ください。

      技術仕様の詳細を確認する

      購入・お問い合わせ