IBM Cloud Tape Connector for z/OSの概要

IBM® Cloud Tape Connector for z/OS®を使用すると、メインフレーム・データをプライベート、ハイブリッド、パブリックのクラウド・ストレージに容易にコピーして移動することができ、アーカイブおよびバックアップとリカバリーの柔軟性と経済性が向上します。IBM Cloud Tape Connector for z/OSでは、データの処理や移動に追加のハードウェア・ゲートウェイ装置は不要です。zIIPプロセッサーを活用して、データ移動のCPUコストを最小限に抑えます。
IBM Cloud Tape Connector for z/OS

オーバーヘッドの削減

IBM Cloud Tape Connector for z/OSでは、複雑なゲートウェイ・ハードウェア装置の購入、構成、保守は必要ありません。パブリックまたはプライベートのクラウド・ストレージ環境に直接接続します。

拡張可能なインフラストラクチャー

メインフレーム・データとオープン・システム・データの両方で同一のクラウド・ストレージ・インフラストラクチャーを使用します。

安全なデータ伝送

セキュアSSLで転送中のデータを保護し、クラウド・ストレージの暗号化で保管中のデータを保護できます。

データ処理の最適化

データのキャッシングと移動を調整してワークロードを最適化します。

IBM Cloud Tape Connector for z/OSの特長

  • 運用に対応
  • データの可視性
  • 柔軟なクラウド・ストレージ
  • サポート対象の環境