スポットライト

要件管理ツール Rational DOORS Next Generationのご紹介

要件管理とは、製品・システムを作ることになった理由を要件として記述し、その変更を管理し、完成後に確認することです。要件管理ツール Rational DOORS Next Generationを使えばこれらがより簡易に行えます。

効果的な要件管理に適したツールを使用

IBM Watson IoTポートフォリオの一部として、複雑な製品とシステムに関する要件の収集、トレース、分析のためのツールを提供します。

透過性を得て、再作業を最小限に抑え、再利用性を向上

ワープロやスプレッドシートを使用するユーザーには、すべての要件を中央の安全でアクセス可能な場所から利用できるという利点があります。どのような変更が誰によっていつ行われたか、どのような影響があるかを理解できます。開発ライフサイクル全体を通して優先事項と要件の編成、トレース、リンクを行い、文書のコンテキストに沿って履歴、レビュー、ディスカッションのコメントを表示できます。データのさまざまな視点で複数のビューを作成できます。

同時編集によってプロジェクトの俊敏性を向上

システムとソフトウェア・エンジニアリングのチームは、同時編集、自動バージョン管理、効果的な優先順位付けにより、連携とプロジェクトの俊敏性を向上できます。競合も中断も発生させずに、複数のユーザーが同時に要件データベースにアクセスできます。また、統合された用語集により、チームが一貫した用語を確実に使用できます。カスタマイズ可能なダッシュボードと、自動レポート作成機能により、情報を視覚化できます。豊富な機能を備えたWebクライアントで成果物の編集、作成、分析を行えます。

変更のトレーサビリティーと可視性の向上

要件管理ソリューション・ユーザーは、プロジェクトのライフサイクル全体を通して変更を管理でき、影響評価を迅速化して品質を高められます。個別に管理される情報と成果物によって、より高い細分度で情報を検討できます。変更要求を要件にリンクすることで、変更の影響を評価できます。ドラッグ・アンド・ドロップ方式のトレーサビリティーがサポートされています。実証済みのモデルとテンプレートを証明と準拠のために使用できます。

複数の専門分野にわたるチームの連携を強化

シングル・サーバーまたは純粋なWebベースの要件ソリューションが必要なRational DOORS 9のユーザーは、複数の専門分野にわたる製品開発チームの連携を強化できます。複数の専門分野、タイム・ゾーン、チームからシングル・サーバー・ソリューションにアクセスできます。IBM Jazzコラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント・プラットフォームで、IBM Rational Team Concert、IBM Rational Quality Manager、IBM Rational Rhapsody Design Managerと統合できます。標準装備の移行用ツールを使用して、Rational DOORSから簡単に移行できます。

プロジェクトのコストを制御

要件の非効率的な管理は、締め切りに間に合わなかったり、コストを制御できなくなることによる、プロジェクトの失敗として挙げられる主な理由です。要件ツールに直接組み込まれた変更と構成の管理機能により、プロジェクトを制御できます。その作業は難しくも複雑でもありません。

技術的詳細

ソフトウェア要件

Rational DOORS Next Generationのソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    Rational DOORS Next Generationのハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

      おすすめ関連製品

      Rational DOORS Next Generationの関連製品

      IBM Rational Team Concert

      1つのツールを使用して、すべてのチームの作業を管理します。

      詳細を表示

      Rational Collaborative Lifecycle Management

      仮想クラウド開発プラットフォームによってアプリケーション・デリバリーを高速化

      詳細を表示

      仕組みを見る