IBM Power Systemsを使用する企業にクラウド・ネイティブの能力を

Power Systems上で稼働するIBM Cloud Private(ICP)は、開発者がコンテナー化されたアプリケーョンを容易に構築して実装できるようにするオープンなKubernetesプラットフォームです。ICPを使用すると、管理者はオンプレミスのプライベート・クラウドで先進の可用性、性能、安全性を提供できます。ICPは、自動化機能に加え、Linux、AIX、またはIBM iの環境で実行されている基幹業務のアプリケーションやデータと、革新的なテクノロジー(AI、ブロックチェーン、IoTなど)への安全なアクセスを提供します。ICPは、企業が、既存のアプリケーションの最新化、DevOpsモデルを活用した迅速なアプリケーション開発、マルチクラウド戦略とデジタル変革の制御点の確立を実現できるようにします。

迅速なビジネス変革

新たなマイクロサービスやクラウド・ネイティブ・アプリケーションの迅速な作成と展開、従来のワークロードの自動化と最新化を実現するプラットフォームです。

ハイブリッド統合

パブリック・クラウド・サービス(AI、ブロックチェーン)やビジネス上重要なデータへのアクセスを保護し、プライベート・クラウドとパブリック・クラウド全体で一貫性のある体験を提供します。

コンプライアンスと管理

企業の既存の管理/セキュリティーのツールやプロセスと柔軟に統合できる、管理/セキュリティーのツールが組み込まれています。

投資の活用

業界屈指のIBMのミドルウェア(WAS、Db2、MQ)、データセンター・インフラストラクチャー、スキルへの既存の投資を活用できます。

購入・お問い合わせ