概要

IBM® App Connectを使用すると、ご使用の環境全体でアプリケーションとデータを容易に接続できます。従来のSOAから最新のイベント、APIおよびマイクロサービスまで、複数の統合スタイルをサポートして、お客様の業務に必要な単一の統合ツールの役割を果たします。この受賞歴のあるプラットフォームは、数百もの事前構築された安全なコネクターと統合機能を活用して、どのような複雑な企業要件にも対応します。App Connectは、すべてのクラウドまたはオンプレミスのシステムに実装できるため、お客様は必要に応じて柔軟にアプリケーションの近くで統合ソリューションを実行できます。

操作が簡単

周辺のインフラストラクチャーへの対応ではなく、ビジネス・ロジックの構築に集中できます。アプリケーション・プラットフォームやドメインに関する深い知識がなくても、フローを素早く構築できます。

あらゆる統合スタイルに1つのソリューションで対応

バッチ・パターンやリアルタイム・パターンの複数の統合スタイルをサポートします。機能をうまく組み合わせて、単純なビジネス上の問題や複雑な統合の課題を解決できます。

どこでも導入可能

マネージド・サービスとして使用することも、マルチクラウドまたはオンプレミスのインフラストラクチャー全体に実装することも可能です。アプリケーションとデータの近くに導入することで、統合パフォーマンスを向上させ、待ち時間を短縮し、コストを削減できます。

主要な機能

  • アプリケーションとデータの接続
  • APIを構築するためのデータ・アクセスとデータの変換と結合
  • 企業向けシステムとクラウド・アプリケーション間でのデータの転送
  • イベントへの素早い対応
  • マイクロサービス・アーキテクチャー用の軽量でアジャイルなランタイムの利点
  • 補強された処理能力へのアクセス
  • Salesforce用クラウド統合

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

API駆動のフローの構築
API駆動のフローの構築
イベント・ベースのフローの構築
イベント・ベースのフローの構築
アプリケーションの接続
アプリケーションの接続
データのマッピング
データのマッピング
必要なときのデータ
必要なときのデータ
リアルタイムに対応
リアルタイムに対応

IBM Cloudで利用可能

この製品は、アプリケーションの作成、実装、管理を素早く簡単にオープン・ソース環境のIBM Cloudで実施できます。

詳細を表示

お客様のニーズに最適なプランをご提案

  • レベル1


    あまり活発ではないワークロードや単純な統合プロジェクトに適切

  • レベル2


    複数のビジネス・アプリケーション間での統合など、部門別のプロジェクトに適切

  • レベル3


    企業のバイヤー向けのデフォルトのエントリー・ポイントであり、複雑な統合を構築するのに適切