スポットライト

使いやすい直観的なUI

最小限の手間で使用を開始できる使いやすいインターフェースとインライン・ヘルプにより、すべてのコンテンツを1つの場所で簡単に管理できます。

豊富なREST API

Watson Content Hubの機能はすべて、Swagger準拠のREST APIで公開されます。Watson Content Hubは邪魔になることなく、コンテンツとコンテンツ管理機能の両方を簡単にアプリケーション内に組み込めるようにします。

コグニティブによるタグ付け

Watsonは、コンテンツ・メタデータを補強して、必要なものを簡単に見つけられます。コンテンツをアップロードすると、Watsonが分析しながら、数千の概念、オブジェクト、色、年齢、ジェンダーなどで構成されるライブラリーからタグを提案します。

オムニチャネルの展開

イメージを適切に表示して、自動生成される適切なサイズのイメージ・レンディションにより、モバイル、タブレット、ウェアラブルなど、顧客のさまざまなタッチポイントにわたって一貫性を持つオムニチャネル・ブランド体験を実現します。

継続的な機能更新

クラウドを介したアジャイルの展開により、Watson Content Hubにおける新たな技術革新をいつでも手に入れることができます。毎日のように行われる更新により、プラットフォームは確実にいつも進化しています。

Webアプリケーション・ホスティング

Web資産をコンテンツ・ハブの内部で管理して、別のWebサーバーを構成することなくCDNに公開できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Watson Content Hubのソフトウェア要件は以下のとおりです。

  • Apple Safari on MacとiOSの最新バージョン
  • Windows、Linux、Android上のGoogle ChromeまたはFirefoxの最新の安定したバージョン

ハードウェア要件

IBM Watson Content Hubにはハードウェア要件はありません。

    おすすめ関連製品

    IBM Digital Commerce

    優れた購買体験を顧客に提供

    詳細を表示

    IBM Watson Campaign Automation

    効果的なデジタル・マーケティングの実現をIBM Cloudで

    詳細を表示

    IBM Digital Experience Manager

    強力なオムニチャネルのデジタル体験の作成、管理、提供

    詳細を表示