概要

IBM CICS VSAM Recovery for z/OSは、物理的破損または論理的破損の発生後のデータ復旧を自動化します。復旧複製ロギング機能により、モバイルおよび従来のワークロードの両方に対して連続可用性を提供します。エラーからより迅速に復旧できるようになり、オフライン処理の必要性が軽減し、アプリケーションの障害が最小化され、コンプライアンス・リスクを低減できます。大きな障害に迅速に対応し、フェイルオーバー・リソースを使用して運用効率を向上します。IBM Geographically Dispersed Parallel Sysplex(GDPS) Active/Active連続可用性のためのVSAMデータの複製サポートにより、2つのデータセンター・サイトでアプリケーションとデータを共有できます。

重要なデータの復旧

物理的破損および論理的破損後、データを自動的に取得します。

更新の復旧

CICSトランザクションまたはバッチ・アプリケーションにより行われた変更であっても、最後の変更を元に戻します。

ダウンタイムの短縮

VSAMデータが使用できない場合でも迅速に対応します。

運用効率の向上

CICSおよびバッチVSAMデータの連続可用性を維持します。

アプリケーションとデータの共有

CICS VSAM Recovery for z/OSの提供する、GDPS Active/Active連続可用性のためのVSAMデータの複製サポートを活用し、2つのデータセンター・サイトで同じアプリケーションを実行して同じデータを共有します。