概要

IBM CICS Universal Clientは、ワークステーションのアプリケーションとCICSサーバーとの間の通信をサポートする統合機能を、デスクトップ・アプリケーションに提供します。このクライアントを使用する、個々のユーザーのワークステーションからCICS システム(IBM CICS Transaction ServerやIBM TXSeriesなど)にアクセスできます。
IBM CICS Universal Client

使いやすさと生産性の向上

バックエンド・アプリケーションを変更することなく、個別に構成したクライアントが既存のワークステーション・インターフェースをサポートします。

複数のインターフェースでのプログラミング

C/C++、Microsoft Visual Basic、COBOLのプログラミング・インターフェースと、IPベースまたは SNAベースの通信を提供します。

完全な通信を促進

外部呼び出しインターフェース(ECI)、外部プレゼンテーション・インターフェース(EPI)、および外部セキュリティー・インターフェース(ESI)経由でCICSサーバーと通信を行います。

クライアントとサーバーの運用を最適化

プログラマーの柔軟性を高め、サーバーにビジネス・ロジックを保存し、クライアントにプレゼンテーション・ロジックを保存します。PCワークステーションとCICSサーバーを接続するアプリケーションをより簡単に作成できます。