概要

IBM® CICS Transaction Gatewayは、企業のCICS資産の最新化のためのコネクターです。Java®サーブレット/アプレット、Microsoft .NET Frameworkベース、CおよびCOBOLのアプリケーションなど数多くのアプリケーション・プラットフォームをCICSに組み込むことができます。アプリケーション・プログラマーは、CICS Transaction GatewayのAPIとJEEアプリケーション・サーバーによる高品質の管理を利用できます。利用可能なCICS TGのバージョンはv9.0、v9.1、v9.2です。

IBM CICS Transaction Gateway(CICS TG)には、次の3種類のオファリングがあります:

  • CICS TG Desktop Edition
  • CICS TG for Multiplatforms
  • CICS TG for z/OS

モバイル統合コストの削減

既存環境を変更せずにJavaScript Object Notation(JSON)のWebサービスを使用することで、リスクとコストを最小限に抑え、可用性と拡張性を高めることができます。

貴重なCICS資産の統合

Java、Microsoft .NET、C/C++、C#、Visual Basic、COBOLなどのさまざまな分散プラットフォームのプログラミングと実装の機能を活用して、CICSのアプリケーションやサーバーと連携します。

安全性と可用性

CICSの高可用性インフラストラクチャーとSecure Sockets Layer(SSL)に加え、ID伝搬とユーザー認証のセキュリティー・メカニズムを活用します。

パフォーマンスの最適化

トランザクションのトラッキング、監視、統計の各機能により、有効なワークロードの洞察の獲得、問題の分離、プランニングの改善、パフォーマンスの監視を実施します。

現代にマッチしたスキル

UNIX/Linux、Microsoft Windows、Javaベースのアプリケーション開発プラットフォーム、およびIBM Zシステムに存在するスキルの格差を埋めます。

非侵入性

接続にあたってCICSアプリケーションの変更は必要なく、CICSの定義は最小限で済みます。