概要

CICS Transaction Gatewayは、企業のCICS資産の最新化のためのコネクターです。Javaサーブレット/アプレット、Microsoft .NET Frameworkベース、CおよびCOBOLのアプリケーションなど数多くのアプリケーション・プラットフォームと統合できます。アプリケーション・プログラマーは、さまざまな構成で標準のネットワーク・トランスポートを使用することで、CICS Transaction GatewayのAPIとJEE アプリケーション・サーバーによる先進のサービスを利用できます。IBM CICS Transaction Server(TS) for z/OS、VSE、System i and IBM TXSeriesのシングル/マルチ・ユーザー・エディション、CICS TS for z/OSのマルチ・ユーザー・エディションの3つを利用できます。

モバイル統合コストの削減

既存環境を変更せずにJavaScript Object Notation(JSON)のWebサービスを使用することで、リスクとコストを最小限に抑え、可用性と拡張性を高めることができます。

貴重なCICS資産の統合

Java、Microsoft .NET、C/C++、C#、Visual Basic、COBOLなどのさまざまな分散プラットフォームのプログラミングと実装の機能を活用して、CICSのアプリケーションやサーバーと連携します。

安全性と可用性

CICSの高可用性インフラストラクチャーとSecure Sockets Layer(SSL)に加え、ID伝搬とユーザー認証のセキュリティー・メカニズムを活用します。

パフォーマンスの最適化

トランザクションのトラッキング、監視、統計の各機能により、アクティブなワークロードの洞察の獲得、問題の分離、プランニングの改善、パフォーマンスの監視を実施します。

現代にマッチしたスキル

UNIX/Linux、Microsoft Windows、Javaベースのアプリケーション開発プラットフォーム、およびIBM Zシステムに存在するスキルのギャップを埋めます。

非侵入性

接続にあたってCICSアプリケーションの変更は必要なく、CICSの定義は最小限で済みます。

主要な機能

  • 迅速で簡単なモバイル統合
  • 可用性と拡張性
  • IBM CICSplex内のトランザクション・トラッキング
  • ツールによる管理
  • IBM CICS Explorerとの統合