スポットライト

リソース関係のデータ収集

依存関係、類似性、IBM Db2データベースへのコマンド・フロー・データの自動化された検出と収集を管理し、日常の開発と運用のプロセスで使用するための情報を分析します。ストアード・プロシージャーによってパフォーマンスが向上する一方、統計的なサンプリングによって依存関係のオーバーヘッドを削減します。組み込まれているプラグインが類似性分析とプログラムの詳細表示を提供し、サンプリング技法によってデータ収集のオーバーヘッドを削減します。

CICSリソース関係の洞察

CICS Interdependency Analyzerの収集機能を管理ルーチンの一部として使用して、包括的なオンライン・データベースを作成します。組み込まれているプラグインを使用してデータベースにアクセスし、トランザクション、プログラム、アプリケーション、またはサービスで使用されるリソースについてより深く理解することができます。また、CICS Interdependency Analyzerにより、CICSクラウドのクロス・リージョン・アプリケーションなどのプラットフォームに関連付けられたリソースの使用と依存関係を把握することができます。

関係性ナビゲーション

IBM CICS Explorer用のプラグインと、組み込みの照会、ビュー、視覚化により、CICSリソースの関係性を容易にナビゲートできます。コマンド・フロー機能により、コンテキスト・スイッチの詳細な分析を含め、CICSトランザクションの実行についての洞察が得られます。その他の関係性ナビゲーション機能には、ほぼリアルタイムのプログラム属性とスキャナー・プログラム属性、リソース使用、依存関係をプラットフォーム別に可視化する機能と、タスク制御ブロック(TCB)、リージョンおよびアプリケーション・スイッチを可視化する機能などがあります。

強力な照会管理

CICS Independency Analyzerプラグインを使用して、収集データと共に使用できる包括的なSQL照会セットからカスタマイズされた照会を構築、編成し、リージョン間でのアプリケーションの比較や、リージョン全体のすべての相互依存関係を検出および分析できます。これらの機能により、品質保証リージョンから実働リージョンへの移行の後にアプリケーションが必要とするすべてのリソースが使用できるかどうかを判別できます。

データ収集の制御

使用可能なすべてのCICSリージョン内のCICS Interdependency Analyzerの収集状況を、オンライン・インターフェースを備えた1台のCICS端末から制御できます。一元化した制御で各リージョンのオプションを構成します。単一のCINTコマンドで複数のCICSリージョンのデータ収集をオン/オフにしたり、一時停止して、選択のスピードを上げることができます。構成メニューを使用して収集対象のリソースを選択することで、すべてのCICSリージョンを編集する必要がなくなります。

CICS Transaction Server V5.3サポート

IBM CICS Interdependency AnalyzerはCICS Transaction Server V5.3をサポートします。

おすすめ関連製品

CICS Transaction Serverファミリーに含まれる他の製品を見る

IBM CICS Transaction Server for z/OS

z/OS向けの拡張性の高いトランザクション処理

詳細を表示

IBM CICS Modernization Solution Pack for z/OS

CICSシステムとアプリケーションの最新化を行うための便利なパッケージ

詳細を表示

IBM CICS Performance Analyzer for z/OS

IBM CICS Performance Analyzer for z/OS

詳細を表示

IBM CICS Deployment Assistant for z/OS

CICSアプリケーションのモデル化と自動化を行い、システム管理を向上させます。

詳細を表示

IBM CICS Configuration Manager for z/OS

IBM CICS Configuration Manager for z/OS

詳細を表示