スポットライト

俊敏な設計と再利用可能な要素による導入の迅速化

ケース・ワーカーのためのコンテンツ指向の動的なアプリケーションを迅速に開発、提供します。統合ケース設計機能を活用して、複雑な外部ツールを使用することなく、効率的なソリューションの開発を促進します。既存のCase Manager要素を再利用することで、複数のビジネス・グループ用のカスタマイズ・ソリューションを迅速に開発、導入できます。再利用可能なテンプレートが、監査要件を満たしながら、1つのビジネス・グループから次のビジネス・グループへの一貫性を維持することで、ソリューションの継続的な管理を簡素化します。

コンテンツ分析の活用による新たな洞察の生成

IBM Watson Content Analyticsを活用して、社内の非構造化データに埋もれた洞察を発見します。このようなコンテンツ分析機能により、ケース・ワーカーはパターンを発見し、関連するコンテンツを関連付け、複数のケースにわたる傾向を特定できます。直感的な視覚化コンポーネントがケース要素の履歴を提供します。この情報により、ケース・マネージャーは、パフォーマンスを改善し、作業を再配分し、関連するケース情報を追加するための事前の対策を講じることができます。

一貫性のある円滑なユーザー体験の提供

IBM Content Navigatorフレームワークの活用により、幅広いデバイスにわたって一貫性のある使いやすい単一のインターフェースを提供します。Content Navigatorフレームワークにより、IBM FileNet、IBM Content Manager 8、IBM Content Manager OnDemand、およびContent Management Interoperability Services(CMIS)規格に準拠するその他のリポジトリーを含む複数のIBM ECMソリューションの統合を簡素化できます。

情報ライフサイクル・ガバナンスの合理化

顧客データの保護とデータ保管に関する規制の順守を含む、情報ライフサイクル・ガバナンス要件を達成し、管理するための能力を強化できます。Case ManagerはIBM Records Managerとの統合により、自動的に完全なコンプライアンス・ルールを使用してレコードを宣言し、管理します。また、Case Managerは、プロセスの監視、プロセスへの参加の追跡、監査を促進することで、コンプライアンスの確認と実証を容易にできます。