概要

IBM Case Managerは、情報、ワークフロー、タスク、分析へのアクセスを継続的に提供することで複雑なケースを解決する能力を高める、カスタマイズされたケース管理ソリューションの設計と実装を簡素化するプラットフォームです。Case Managerにより、ケース・ワーカーは、円滑で一貫性のあるユーザー体験を場所を問わず迅速に提供するインターフェースを使用して、常に変化する情報に基づいてリアルタイムの意思決定を実行できます。Case Managerは、別々に保管された非構造化データに埋もれた、見つけにくい相関関係と重要な洞察を発見します。サード・バーティーのクラウド・アプリケーションとの統合により、連携の能力を高めることができます。

ケース管理プロセスの変革

ケース・コンテンツ、タスク・ワークフロー、連携用ツール、コンテンツ分析へのアクセスを提供することで、ケースの解決プロセスを強化し、オフィスや現場での情報に基づく意思決定を実現します。

円滑なユーザー体験の提供

社内の特定の役割とビジネス・グループのために、ケース管理のワークフローをカスタマイズする機能を提供しながら、さまざまなプラットフォームで一貫性のあるユーザー体験を提供します。

情報に基づく意思決定の促進

強力な分析を活用してネクスト・ベスト・アクションを特定することで、効果的かつ迅速にケースを解決します。別々に保管された大量の非構造化データに埋もれたコンテンツに関連する重要な洞察と関連性を発見します。

共有サービス・プラットフォームの提供

全社的にソリューションの開発、実装、共有を行います。ケース管理要素とその他の事前設定で構成されるテンプレートを再利用することで、実装を加速し、効果を実現するまでの時間を短縮します。

顧客サービスの改善

ケース・ワーカーに重要な情報と分析への継続的なアクセスを提供することで、タイムリーな顧客とのエンゲージメントを妨げる既存の障壁を緩和し、迅速かつ効率的なケースの解決に役立ちます。

主要な機能

  • 俊敏な設計と再利用可能な要素による導入の迅速化
  • コンテンツ分析の活用による新たな洞察の生成
  • 一貫性のある円滑なユーザー体験の提供
  • 情報ライフサイクル・ガバナンスの合理化