概要

IBM Verse は、業務効率の改善とワークスタイルの変革を支援するクラウド・メールです。人と人との関係性を分析する最新のアナリティクス技術により、業務の優先順位付けを行い、価値の高い業務により多くの時間を使えるようにします。また、 PCだけでなくモバイル端末で利用でき、いつでもどこからでもチーム・メンバーとリアルタイムに連携できます。

「人」を中心とした新しいメール体験

任意の人を「重要な相手」に指定でき、自分にとって重要な相手とのメールのやり取りに集中できます。

モバイルですき間時間を有効活用

専用のモバイル・アプリにより、スマートフォンやタブレット端末で簡単に受信メールを確認したり、返信できます。

業務の対応漏れを防ぐ

対応が必要な受信メールを「要アクション」、相手の対応を待つ送信メールを「対応待ち」としてフォルダ管理でき、業務の対応漏れを防ぎます。

業務効率を高める統合ワークスペース

メールやカレンダー、重要な関係者へのアクセスなど、業務に必要な機能が単一画面に配置され、業務効率を高めます。

ファセット検索で必要情報に素早くアクセス

キーワードの他、送受信日や添付ファイルの有無により、探したいメールに素早くアクセスできます。

主要な機能

必要なメールに素早くアクセス

誰からのメールか、ファイルは添付されていたかといった記憶から素早く必要なメールにアクセスできます。

必要なメールに素早くアクセス

誰からのメールか、ファイルは添付されていたかといった記憶から素早く必要なメールにアクセスできます。

あらゆるタスクを適切に管理

あらゆるタスクを適切に管理。「要アクション」「対応待ち」のフォルダでタスク管理が可能です。

あらゆるタスクを適切に管理

あらゆるタスクを適切に管理。「要アクション」「対応待ち」のフォルダでタスク管理が可能です。

重要な関係者と簡単・スピーディーに連携

頻繁にメールをやり取りしている相手、受信したメールに対してすぐに返信している相手など、利用者にとって重要な関係者をIBM Verseは理解します。

重要な関係者と簡単・スピーディーに連携

頻繁にメールをやり取りしている相手、受信したメールに対してすぐに返信している相手など、利用者にとって重要な関係者をIBM Verseは理解します。

    必要なメールに素早くアクセス

    誰からのメールか、ファイルは添付されていたかといった記憶から素早く必要なメールにアクセスできます。

    あらゆるタスクを適切に管理

    あらゆるタスクを適切に管理。「要アクション」「対応待ち」のフォルダでタスク管理が可能です。

    重要な関係者と簡単・スピーディーに連携

    頻繁にメールをやり取りしている相手、受信したメールに対してすぐに返信している相手など、利用者にとって重要な関係者をIBM Verseは理解します。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • ISAE 3402
  • ISO 27001
  • ISO 27002
  • ISO 27017
  • ISO 27018
  • SOC1 (SSAE 16)
  • SOC2 Type 2

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。