概要

IBM BigFix Patchは、単一コンソールから管理できる、自動化された単純なパッチ適用プロセスを提供します。企業ネットワークの内外を問わず、エンドポイントへのパッチの導入と管理を、リアルタイムに可視化および実施します。お客様からは、98%を超える初回通過のパッチ適用成功率の報告をいただいています。このソリューションは、パッチ適用プロセスの有効性を向上するだけでなく、運用コストを削減し、パッチ適用のサイクル・タイムを短縮しながら、エンドポイントの安全性を保持します。

パッチ管理の自動化

場所、帯域幅、デバイスの種類に関係なく、数十万ものエンドポイントにわたる、複数のオペレーティング・システムやアプリケーションのパッチを管理および展開します。

可視性の向上

単一の管理コンソールから、柔軟性のあるリアルタイムの監視と報告を行います。パッチが導入された後は、自動的にエンドポイントの状況を評価します。

準拠性におけるリスクの軽減

修復サイクルを数週間から数時間または数分に合理化して、98%を超える初回通過のパッチ適用の成功率を達成することで、積極的にセキュリティー・リスクを軽減します。

主要な機能

  • パッチ管理の自動化を実現
  • 適正なパッチのみを適用
  • パッチの準拠性への可視性の向上
  • 単一コンソールからのリアルタイム制御
  • セキュリティー・リスクを積極的に軽減

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

購入・お問い合わせ