概要

IBM Archive Manager for z/VMは、ストレージおよびデータ管理のソリューションです。履歴データや、その他の使用頻度の低いデータを保管し、後で呼び出すことができます。この機能は、ディスク容量の管理をより効率的にし、会計または法的な規制と方針が定める要件に準拠するために役立ちます。保管されたファイルの呼び出しには、必要なファイルの検索に役立つフィルタリング機能を提供するインターフェースを使用できます。
IBM Archive Manager for z/VM

ディスク容量管理の改善

CMSデータおよび非CMSデータをアーカイブして、アクセス頻度の低いファイルまたはミニディスク全体を任意のターゲット・メディア(ディスクまたは磁気テープ)に移動できます。

データの可用性の向上

直接アクセス・ストレージ・デバイス(DASD)の使用量を制御し、貴重なDASDスペースを再利用します。

迅速なファイルの取得

アーカイブ・ファイルを容易に見つけて取得できるようにするため、ワイルドカード文字を使用して特定の基準を満たすファイルを検索できます。

データの保護

アーカイブしたデータを保護するため、アーカイブ内のデータへのアクセスを管理者が制御できます。