概要

IBM Rational Rhapsody Architect for Systems Engineersは、プロジェクトの要件を分析するための統合システム・エンジニアリング環境です。Systems Modeling Language(SysML)と統一モデリング言語(UML)を使用して、要件の分析と視覚的なモデル駆動型の設計を迅速に実現します。Rational Rhapsody Architect for Systems Engineersにより、システム・エンジニアリング・チームは複雑な機能を短時間で設計できるようになります。
placeholder image for video

整合性の維持

Systems Modeling Language(SysML)と統一モデリング言語(UML)により、複雑な要件を視覚化して、設計の整合性を維持できます。

変更の管理

要件の追跡機能により、要件を設計要素とテスト・ケースにリンクして、対象範囲を確認し、変更の影響を評価します。

複雑さの管理

チームの連携機能により、さまざまな環境間で整合性のある設計を開発する複雑さを管理できます。

主要な機能

  • SysMLとUMLを使用する要件分析
  • 設計との間の要件の追跡
  • さまざまな環境間の設計管理
  • 業界標準を使用する視覚的な開発
  • その他のRational製品との統合

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

購入・お問い合わせ