スポットライト

業界標準をサポートする視覚的なソフトウェア開発

視覚的なソフトウェア開発機能により、UML図や従来のコード・エディターで組み込みソフトウェアを開発して、コードを生成することができます。将来の開発のために、既存のコードをモデリング環境にインポートできます。Rational Rhapsody Architecture for Softwareは、アーキテクチャー、設計、コード、文書の整合性を自動的に維持できるようにします。

組み込みソフトウェア・エンジニアリング

リアルタイムの自動化された組み込みソフトウェア・エンジニアリングにより、設計から実装へと移行できます。Rational Rhapsody Architect for Softwareは、C、C++、Java、C#のコード・フレームを生成して、設計の構造やアーキテクチャーを構築します。また、コード・フレームを使用して、モデルまたはコードに詳細なコーディングを追加することができます。Rationalアプリケーションによって、データの整合性を維持するために変更が同期されます。MARTEプロファイルにより、リアルタイムのパフォーマンスをモデリングし、設計のボトルネックを分析することができます。

AUTOSARオーサリング、DDSモデリングのサポート

IBM Rational Team Concertとの統合など、モデル・ベースの差分(AUTOSAR、DDS)とマージの機能を使用して、チーム・メンバーと連携できます。IBM Rational Design Managerを使用して設計の共有とレビューを行え、OSLCを使用して成果物のライフサイクル全体を通して追跡することができます。このソフトウェアは、Rational Team Concertやその他のEclipseプラットフォーム・ベースのIDEと統合します。Rational Rhapsody Architect for Softwareで開発したモデルは、Rational Rhapsody Developerエディションにインポートして設計テストを実施できます。

安全性と機能に関する標準への準拠

設計から要件に戻るまでの、要求の追跡機能を提供して、DO-178B、ISO-26262、IEC 61508などの標準への準拠を支援します。さらなる分析のための追跡情報をIBM Rational DOORSやIBM Rational RequisiteProにエクスポートして、要求の情報をコードに挿入し、最終実装での追跡機能を支援できます。このソフトウェアは、トレード調査分析やアーキテクチャーのトレードオフを支援します。

リアルタイム・データを活用した製品パフォーマンスの最適化

ライフサイクル・サポート・ソフトウェアとアドオン・ソフトウェアを提供して、製品ライフサイクル全体の開発を行うために、その他のIBM Rational製品と統合できます。IBM Rational Rhapsody Tools and Utilities Add Onソフトウェアでは、テンプレート・ベースのカスタマイズ可能な文書が提供されます。要件管理ツール(Rational DOORS、Rational RequisitePro、その他の要求オーサリング・ツールなど)への高度なインターフェースを提供するIBM Rational Rhapsody Gatewayが含まれています。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Rational Rhapsody Architect for Softwareのソフトウェア要件は次のとおりです:

    ハードウェア要件

    IBM Rational Rhapsody Architect for Softwareのハードウェア要件は次のとおりです:

      購入・お問い合わせ