概要

IBM Rational Rhapsody Architect for Softwareは、ソフトウェアの視覚化による生産性、再利用、整合性の向上を実現する、組み込みソフトウェア設計向けのモデル駆動型開発環境です。UML/SysML/AUTOSAR/UPDMなどの業界標準をサポートして、手動のコーディング作業を自動化し、設計を伝達するためにアプリケーションを視覚的に取り込めるようにします。視覚的なプログラミング環境では、設計と開発の機能を統合し、チームの連携を促進して、より良い結果を素早く取得できます。これにより、開発の生産性が向上し、資産の再利用によるコストの削減と、設計のより高いレベルでの整合性を達成できます。

視覚化による素早い結果の取得

視覚的なプログラミングは、設計と開発の機能を統合して、チームの連携を促進し、より良い結果を素早く得られるようにします。

迅速な実装

組み込みソフトウェア・エンジニアリングは、開発から実装までのサイクルを加速化するための、リアルタイムの自動化を提供するように設計されています。

生産性と整合性

連携が鍵を握ります。IBM Rational Team Concertとの統合など、モデル・ベースの差分とマージの機能を使用できます。

主要な機能

  • 業界標準をサポートする視覚的なソフトウェア開発
  • 組み込みソフトウェア・エンジニアリング
  • AUTOSARオーサリング、DDSモデリングのサポート
  • 安全性と機能に関する標準への準拠
  • リアルタイム・データを活用した製品パフォーマンスの最適化

購入・お問い合わせ