概要

IBM Security AppScan Standardは、アプリケーション・セキュリティーのぜい弱性テストを自動化することで、Webアプリケーションの攻撃や代償の大きいデータ侵害のリスクを最小限に抑えることができます。これにより、実装前にアプリケーションをテストし、継続的に本番環境上のリスクを評価することができます。

セキュリティーのぜい弱性を回避

動的なセキュリティー・テストと静的な先進分析(「ブラック・ボックス」と「ホワイト・ボックス」)を自動化することで、セキュリティーで発生する問題を検出できます。

正確なスキャンの実施

Webサイトをスキャンすることで、サイトに含まれるぜい弱性を見極めます。スキャン機能の独自の観点で問題を解明することで、スキャン結果を簡単に解析できます。

迅速な修正の適用

修正を合理化することで、重要度の高い問題を迅速に解決できます。修正のステップ(コード・サンプルとタスク・リストを含む)を活用することで、迅速に修正を適用します。

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMのクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

購入・お問い合わせ