スポットライト

DevOps戦略にセキュリティー・テストを採用

主要な構築環境とIDEとの統合により、アプリケーション・セキュリティーのぜい弱性を円滑にテストし、重要なアプリケーションの対象となる修復を迅速に行います。Application Security on Cloudは、複数の形式のテスト(静的、動的、モバイルおよびオープン・ソース)を統合して、幅広い適応範囲を可能にします。

コグニティブ機能を使用してセキュリティーを強化

IBMの世界的に有名なコグニティブ機能により、Application Security on Cloudは、アプリケーションのより深くて迅速なスキャンの適応範囲を実現し、誤検出を除去します。これにより、より最新の広範囲の適応が可能となり、DevOps処理をサポートするより速い応答時間が実現します。

アプリケーション・ポートフォリオにおけるリスクの管理と削減

アプリケーション・セキュリティーとは、単にテストの実行やぜい弱性の発見だけではなく、リスクを管理することです。Application Security on Cloudにより、ビジネスや技術の観点からアプリケーションを表示することができ、それにより、最も急を要するニーズに対応するために、限られたリソースに優先順位を付けることができます。

オープン・ソースのリスクに対応

IBM Application Security Open Source Analyzerは、オープン・ソースのセキュリティー・テストの自動化やスキャンの構成によって、オープン・ソース・コンポーネントの保護と管理を支援します。ソフトウェア内にあるぜい弱なオープン・ソース・コンポーネントを継続的に特定することにより、オープン・ソースのリスクに対する制御や可視性を得ることができます。

お客様導入事例

  • ケース・スタディーイメージ

    IBM Securityを使用して、モバイル・アプリケーションのリスクとコストを減らした事例をご覧ください。

    Individual Restaurants Case Study
    導入事例を読む

購入・お問い合わせ