よくあるご質問(FAQ)

この製品に関するよくある質問(FAQ)への回答をご覧ください

IBM UrbanCode Deployをデリバリー・パイプラインに統合すると、Jenkins PipelineやVMware vRealize Automationのプラグインなど、開発、テスト、インフラストラクチャー、クラウドに対応した130を超えるプラグインにより、ツールチェーンを再設計する必要がなくなります。

さらに詳しく

IBM UrbanCode Deployでは、グラフィカル・プロセス・エディターを使用して導入プロセスのモデルを作成し、手動ステップや標準化されていないスクリプトを置き換えることができます。プログラミングは不要です。あらゆる複雑なプロセスを作成し、これらのプロセスを導入環境に割り当て、より確実に実行することができます。

さらに詳しく

メインフレーム、データセンター、クラウド、仮想化環境のどのプラットフォームにも導入できます。制御と可視性を備えたコンテナーを導入します。IBM UrbanCodeモバイルiOSアプリケーションにより、どこからでも導入プロセスの管理と参加が可能です。

さらに詳しく

はい、複数の環境にわたって同じアプリケーション・プロセスを再利用する一方、ターゲットごとに異なる構成設定を保管し、構成のみを導入、または従来のコードと構成を導入できます。

さらに詳しく

はい、DockerコンテナーやCloud Foundryのプラグインを含め、サポートします。さまざまな階層やサーバーにわたる変更を調整して、グローバルに分散された成果物のキャッシングを利用して、グローバルなデータセンターにわたる数千台のサーバーへの迅速な導入を実現できます。

さらに詳しく

IBM UrbanCode Deployは、成果物が追跡可能であるように、また、各環境で同じファイルが導入されるようにサポートします。カスタマイズ可能なファイル・クリーンアップ規則を使用して、実稼働環境に導入されたファイルを保持しながら、ディスク・スペースを節約できます。追跡可能な層を追加するため、既存のリポジトリーを統合します。

さらに詳しく

IBM UrbanCode Deployは、WebSphere Application Serverを自動的に検出し、対応するリソースをサーバー上で作成します。WebSphere Application Serverのセルとクラスターの構成をインポートし、環境間で保管およびプロモートされるテンプレートを生成できます。

さらに詳しく

IBM UrbanCode Deployは、お客様のユーザー向けのカスタマイズ可能なアクセス権システムと、より安全な導入成果物の移送を提供します。アプリケーションの導入の全履歴を構築する管理および監査の機能により、ユーザー活動状況(誰がどこで何をしたか)を追跡できます。

さらに詳しく