IBM Application Performance Analyzer for z/OSの機能について説明しています。

パフォーマンスと統計データの非侵入型収集

IBM® Application Performance Analyzer for z/OSは、測定対象のアドレス・スペースから非侵入型の統計サンプリングを使用して、アプリケーションによるシステムまたはリソース(CPU 、DASD、入出力、またはアドレス・スペース全体)の使用状況を分析します。このツールは、CICS®、アセンブラー、COBOL、PL/I、C/C++、Db2®、IMS™、WebSphere® MQ、WebSphere Application Server、およびJava®の各アプリケーションのパフォーマンスをモニター、分析、レポートすることができます。

ボトルネックを特定してすぐに修正

APAは、アプリケーションのパフォーマンス上の問題の切り分けや、システムのワークロード増加の影響のテストに必要な情報を提供します。APAは、既存のアプリケーションのパフォーマンスを最大化し、オンライン・トランザクションの応答時間やバッチのターンアラウンド・タイムの改善に役立ちます。簡単なソース・コード・マッピングで、ボトルネックを素早く正確に特定できます。

時間経過に伴う変化の報告と追跡

APAには、PDFまたはXMLファイルとしてエクスポートできるオンライン分析レポートの機能があります。そのため、ワークステーションでのレポート表示や他のアプリケーションへの転送を容易に行えます。リソース、データ量、およびアプリケーションの動作の変化を評価し、環境の正確なヒストリカル・ビューやトレンド分析を活用できるようになります。

アプリケーションの開発、機能強化およびデバッグの支援

APAはアプリケーションの設計、開発、保守のサイクルと、DevOpsのイニシアチブを支援します。APAを使用して、設計段階でアプリケーションのプロトタイプを評価し、データ量の増加やビジネス要件の変化がパフォーマンスに与える影響を確認することができます。さらに、履歴データとレポートを生成し、パフォーマンスのトレンドを分析して変化を評価することが可能です。APAは、z/OSアプリケーションの作成、保守、サポートを行うための一連のツールであるIBM Application Delivery Foundation for z/OSに含まれています。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細

    ハードウェア要件

    IBM z/OSを実行可能なハードウェア構成

      おすすめ関連製品

      IBM Application Delivery Foundation for z/OS

      z/OSアプリケーション開発用のエンタープライズ・ツール

      詳細を表示

      IBM Developer for z/OS

      z/OSアプリケーションを開発・保守するための高度なツール・セット

      詳細を表示

      IBM Application Discovery and Delivery Intelligence

      IBM Application DiscoveryとIBM Application Delivery Intelligenceのバンドルである、IBM® Application Discovery and Delivery Intelligence(ADDI)は、アプリケーション・モダナイゼーションのための分析プラットフォームです。コグニティブ・テクノロジーを使用してメインフレーム・アプリケーションを分析し、変更の相互依存関係を素早く検出して把握します。以下の目的でADDIを利用できます。 • アプリケーションをさらに効率的かつ生産的に変革、更新する。 • 実績のあるメインフレーム・コードを利用して、APIエコノミーを活用する。 • ハイブリッドクラウド環境のアプリケーション変革を加速する。 最新リリースにより、ビジネス・ルール・ディスカバリー、アプリケーション分析および自動化の拡張サポートを通じて、デジタル変革がさらに加速します。

      詳細を表示

      IBM Fault Analyzer for z/OS

      アプリケーションが異常終了した場合、その根本原因を理解することが重要です。ただし、この調査には時間と資源を要する場合があります。通常の実動状態に戻そうとしても、時間は刻々と過ぎていきます。 一方、IBM Fault Analyzer for z/OS®を使用する企業は、より迅速に、より自信を持って、より少ない時間で異常終了を発見できます。これは、アプリケーションが異常終了すると、IBM Fault Analyzer for z/OSが自動的に起動し、障害発生時の異常終了とその環境のリアルタイムの情報を収集するためです。IBMの分析エンジンは、CICS®、WebSphere® MQ、IMS™、Db2®の環境に関するリアルタイムの情報を提供します。 成功への道はでこぼこしているかもしれません。アプリケーション開発チームが遅延すると、企業全体に影響が及びます。しかし、IBM Fault Analyzer for z/OSを使用すると、その道はずっとなだらかになります。

      詳細を表示

      IBM File Manager for z/OS

      IBM® File Manager for z/OS®は、z/OSデータ・セット、Db2®、CICS®、IMS™、WebSphere® MQのデータ処理におけるファイル処理機能を強化する、柔軟で使いやすいツールを提供します。File Managerは、Interactive System Productivity Facility(ISPF)の標準的なブラウズ、編集、コピー、バッチ、印刷のユーティリティーを備えており、開発者は構造化データをより効率的に処理することができます。

      詳細を表示