スポットライト

アーキテクチャー

Application Discoveryは、標準、アプリケーション・アーキテクチャー、統合アーキテクチャー技術プラットフォーム、アップグレード計画、IT戦略などの主要なアーキテクチャー・エレメントをサポートしています。アプリケーション・メトリックの複数のカテゴリーが用意されたダッシュボードを備えているため、開発者はリスクを抑えながら素早く簡単にハイブリッド・クラウドに移行できます。

設計

Application Discoveryでサポートされる主要設計エレメントには、アプリケーション設計、影響評価、コーディング標準、統合、共通サービス設計が含まれます。また、Application Discoveryは、アプリケーションのグラフィカルな視覚化とレポートを提供します。

開発

Application Discoveryでサポートされる主要開発エレメントには、コーディング標準適用、コード品質、統合、単体テスト、障害修正、機能拡張が含まれます。

テスト

Application Discoveryは、統合テスト、UAT、回帰テストをサポートしています。サード・パーティーのソース・コードやツールと統合して、アプリケーション・インフラストラクチャー・マッピングと自動リポジトリー更新を提供します。

サポート

Application Discoveryの主要サポート・エレメントには、アプリケーション保守、障害の分析と解決、アプリケーション性能の監視が含まれます。

管理

Application Discoveryは、アプリケーション・ポートフォリオ管理、変更影響分析、サービス管理、プログラムとプロジェクトの管理などの主要な管理エレメントをサポートしています。

新機能

Application Discovery V5.0.2の新機能には、新しいIBM Application Discovery構成サーバー・コンポーネント、Application Discoveryコンポーネントの関連フィーチャー、拡張されたIMS/DB分析サポート、拡張されたPL/Iサポート(PL/Iリソースの影響分析、Windows 2016サポート、IBM JREサポート、Application Delivery Intelligenceとの統合)、バッチ・サーバーの性能の向上、検証サーバーの性能の向上、IBM Knowledge Centerで入手可能な資料が含まれます。

レポート

Application Discoveryは、Maintainability Index versus Cost to Deliver、Complexity versus Production Faults、Quality versus Performance、Complexity versus Resource Utilization、Complexity versus Time to Deliverなどの有用なレポートをいくつか提供します。

技術的な概要をご覧ください。

視聴する

技術的詳細

ソフトウェア要件

最新のソフトウェア要件については、以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件は、ソフトウェア要件のリンクでバージョン別にリストされています。