アプリケーションのテストと開発から当て推量を排除

IBM Application Delivery Intelligence (ADI)は、分析によって実用的な洞察を提供し、コグニティブによってDevOpsの採用を推進する初の製品です。ADIは、複雑なソースコードの中の問題を特定するため、基幹業務アプリケーションを刷新できます。ADIによって、どのテストを実行すべきかを素早く判断し、最大限の影響範囲に対して最小限の数のテストで対応することができます。継続的な性能分析により、洞察や、ファイルと機能へのリンケージを得られるため、アプリケーション・エコシステムの最新の状況を常に把握して、コードを継続的に改善することができます。

テストの最適化

テストとコードのカバレッジの傾向情報を分析、視覚化、要約します。価値の低いテストを減らして早期に欠陥を検出します。必要かつ最適なアクションのみを実行して無駄を削減します。

問題検出の迅速化

以前は隠されていた運用データを利用し、開発ライフサイクル全体を通して問題や欠陥を検出できます。アプリケーションの更新や刷新に関する計画と見積もりの正確度を向上させます。

保守のガバナンス

ビジネスに不可欠なプログラムを特定して掘り下げ、コードの複雑性と保守の容易性を理解します。アプリケーション・ポートフォリオの関心領域を迅速に特定します。

主要な機能

  • 幅広いコード・カバレッジ
  • テストの最適化
  • 早期の問題検出
  • 保守のガバナンス
  • リスクの最小化と予測
  • プロジェクトの正常性の向上
  • 根本原因分析
  • コグニティブ・ユーザー・ガイダンス
  • 新しいユーザー体験

仕組みを見る