IBM AppleCare for Enterpriseを選ぶ5つの理由

インシデント解決の迅速化

AppleCare for Enterpriseアカウント・マネージャーは、専属でインシデントの処理依頼や解決をサポートします。確実なApple製品導入のため、既存の社内プロセスとITインフラの最善な手法の見直しも行います。さらに、サポート依頼や修理に関したアクティビティー・レポートを提供します。

IBM/Apple社との強力なパートナーシップ

先進のテクノロジー・サポート企業のリソース、Appleの専門知識、お客様のITチームの知識により高水準のビジネス成果が利用できます。

窓口の一本化

Apple製品で問題が発生した場合、1本の契約で総合的に対応します。窓口を一元化することで、複数ベンダーのサポートを管理する複雑さを軽減します。

専門家によるサービス提供

IBMは、お客様のIT環境をサポートするために必要な専門知識を持っています。世界中で19,000人のサポート担当員が、年間600万件以上のサポート依頼を処理しています。また、マルチベンダー・サポートを提供してきた30年以上の経験があります。ダウンタイムが発生した場合には迅速に対応し、ビジネスへの影響を最小限に抑えます。データと高度なアナリティクスを使用して、問題を事前に防止するためのサポートも提供します。

より迅速で優れた対応を実現する革新的なテクノロジー

IBMは、Apple製品など、30,000種類以上のIT機器をサポートしています。お客様のIT保守のニーズに対応するために、AR(拡張現実)、IBM Watsonのコグニティブ機能、事前予測ツール、ブロックチェーンなどのさまざまな先進技術を活用しています。これらのテクノロジーを使用することで、さらに多くの問題を防止でき、万一の場合も問題を迅速に判別して早期に解決することができます。これにより、ITコストの削減など、IT保守を簡素化できます。