分析に要する時間を短縮して開発に費やす時間を増加

IBM Application Discovery and Delivery Intelligenceは、アプリケーションを刷新するための分析プラットフォームです。コグニティブ技術を使用してメインフレーム・アプリケーションを分析するため、相互依存の関係と変更の影響を素早く検出して理解することができます。この性能を使用して、これらのアプリケーションをさらに効率的かつ生産的に変革できます。実績のあるメインフレーム・コードを利用して、APIエコノミーを受け入れることができます。IBM z Systemsハイブリッド・クラウド環境のアプリケーション変革を加速できます。

潜在的な利益性の向上

収益を増加するために、メインフレーム・アプリケーションを素早く強化できます。Forrester ResearchとIBMによると、ある組織はメインフレーム・アプリケーションの収益を20%向上しました。

優れたROIの素早い実現

投資を回収して、収益を得ます。IBMとForresterは、ある組織が7カ月未満で回収して145%のROIを実現したことを報告しています。

開発に費やす時間とコストの削減

多様なプラットフォーム、環境、言語にわたるアプリケーションの複雑さと品質を理解して、問題を予測し、アプリケーションと開発コストを削減します。ある事例では25%削減しました。

主要な機能

  • アプリケーション・ロジック、変更による影響の分析
  • 深い視覚分析
  • テスト機能
  • 根本原因分析
  • コグニティブ・ユーザー・ガイダンス
  • リスクの予測と最小化
  • プロジェクトの正常性に対する可視性