概要

IBM Advanced Archive for DFSMShsmは、現在DFSMShsmが管理する使用頻度の低いメインフレーム・データをバックアップするための新たなアーカイブ層を構築します。追加の負荷の小さな管理層が使用するCPUリソースが少なくなるため、DFSMShsmの効率が改善され、仮想テープ媒体と物理テープ媒体のオプションにクラウド・ストレージを追加することができます。IBM Advanced Archive for DFSMShsmは、データのバックアップと保存の管理を適切に行うためのDFSMSポリシーを順守します。アプリケーションやユーザーがクラウド上に保存したデータの再呼び出しを行うと、データはDFSMShsmの制御に戻り、使用できるようになります。IBM Advanced Archive for DFSMShsmは、IBM Cloud Object Storage、IBM Cloud、Amazon S3のクラウド環境をサポートします。
IBM Advanced Archive for DFSMShsm

コストの削減

HSM制御データ・セットのサイズと処理コストを抑え、クラウド・ストレージの経済性と柔軟性を活用します。

CPU効率の改善

使用頻度の低いデータから負荷の小さなプロセスにメタデータを移動することで、バッチ・ウィンドウとアプリケーションの経過時間を改善します。

クラウドの柔軟性の提供

プライベート・クラウド、パブリック・クラウド、ハイブリッド・クラウドの環境を活用できます。DFSMShsmが制御するML2テープに保存済みのデータをクラウド環境に移動します。

HSMへのデータの直接呼び出し

アプリケーションとユーザーはアーカイブ済みデータを再呼び出しできます。アーカイブ済みデータはDFSMShsmの制御に戻ります。