概要

IBM 3592 Tape Cartridgeは、企業のデータセンターでデータの保存、安全性、可用性に対する要求の増加に対応しながら、少ない予算で処理することを可能にするよう設計されています。IBM 3592 Tape Cartridgeは、ドライブが前世代のメディア・カートリッジを再フォーマットし、アップグレードできるようにすることで、メディアの再利用をサポートします。つまり、既存のメディア・カートリッジでパフォーマンスと容量の両方を改善して、テープ・サブシステムのアップグレードへの影響を軽減します。
IBM 3592 Tape Cartridge

投資の保護

メディアの再利用と再フォーマットによってパフォーマンスと容量を向上させ、ドライブが前世代のメディア・カートリッジを再フォーマットし、アップグレードできるようにして、テープ・サブシステムのアップグレードへの影響を軽減します。

柔軟性の向上とコストの削減

エコノミー・カートリッジによって迅速なデータ・アクセスを実現し、メディア・コストを削減します。標準の長さのカートリッジと同じ品質を、より短く低コストの長さで提供して、シーク・タイムを短縮します。

信頼性の向上

テープの交換が必要であるかどうかを事前に判別するためにパフォーマンスと使用量に関するレコードを保管するメモリー・チップにより、メディアの信頼性を向上させ、パフォーマンスを高め、テープ・ヘッドの摩耗を最小限に抑えます。

主要な機能

  • 仮想バックヒッチ・サポート
  • 業界標準の暗号化
  • 高解像度テープ・ディレクトリー
  • Statistical Analysis and Reporting System(SARS)*
  • メディアの拡張
  • エコノミー・カートリッジ
  • データ・セーフ・モード
  • カートリッジの強化
  • 複数のモデルとフォーマット・オプション
  • パーティショニング/IBM Spectrum Archive