z/VMとは

IBM® z/VM®は、非常にセキュアで拡張性が高いハイパーバイザーであり、クラウド・インフラストラクチャーのため、および重要なアプリケーションを実行するための仮想化テクノロジーです。IBM z/VMは、IBM Z®およびLinuxONEのサーバー上で、Linux®z/OS®z/VSE®、およびz/TPFのオペレーティング・システムをサポートします。単一システム上で数千の仮想サーバーをホストすることができます。


z/VMの新着情報

IBM z/VM 7.2とz/VMの新機能は、複数の非SSI z/VMシステムすべての保守機能をデプロイするプロセスを簡素化し、GDPS環境向けのより高い可用性とデータ冗長性を提供します。


メリット

ハイブリッドクラウド機能

IBM z/VMを、IBM ZおよびLinuxONE上でのLinux、IBM Cloud Paks®、およびRed Hat® OpenShift®と組み合わせて使用することで、ハイブリッド・マルチクラウド・アーキテクチャーのための、拡張性が高くセキュアで効率的なオンプレミス・クラウド・インフラストラクチャーが実現できます。

ワークロード・パフォーマンス

IBMのテストによると、IBM z15™マルチフレーム・システムに必要なコアは、比較対象のx86 サーバーに必要なコアの23分の1であり、オープンソースとIBM専有ソフトウェアで構成される混合ワークロードを実行した場合の5年間のTCOは全体で20%削減できることが示されています。¹


z/VMソフトウェアの主要な仮想化機能

z/VMの単一システム・イメージ

このクラスタリング・テクノロジーは、計画停止を削減し、z/VM システム全体でワークロードのバランスを取るのに役立ちます。

z/VMパフォーマンス・ツールキット

このツールキットは、パフォーマンス・データをモニターし報告するための拡張機能を提供します。

RACFセキュリティー・サーバー

仮想化のための堅固なセキュリティー・ソフトウェアが、z/VM とゲスト・システムのリソースを保護します。

DirMaint

z/VM用のIBM Directory Maintenance(DirMaint™)は、z/VMのユーザー・ディレクトリーを管理するのに役立ちます。


z/VMを補完するその他のVMソフトウェアとソリューション

システム管理のためのソフトウェア

完全なソリューションでz/VMとLinuxシステムを管理

直感的なグラフィカル・ベースのz/VM管理ツールを使用

z/VMベースのLinux仮想マシンのインフラストラクチャー管理を簡素化

パフォーマンスの全社的ビューの取得

z/VMシステムとそのゲストの自動化とモニター

バックアップと保護のためのソリューション

テープの保護と管理

z/VMデータを安全にバックアップ

仮想化のためのストレージ


z/VMでのLinuxサーバーのデプロイ方法

システム・プログラマーおよび管理者向け
Linux on Zでz/VM機能を構成および使用する方法について説明します。

お客様の声

「z/VMを使用することで、動的にリソースの再割り振りや制限をすることができます。これは、開発者にとって特に価値があります。構築するアプリケーションに無駄がなく、低プロビジョニング環境で実行できることを保証するのに役立つからです。」
 - Mike Riggs氏、バージニア州最高裁判所司法情報技術部長

研修

IBM Skills Gateway

ライブ・バーチャル・クラス

¹特記事項: これは、市場における代表的なIBMのお客様のワークロード使用状況の再現を目的とする、IBM社内調査です。結果は環境による異なる可能性があります。ワークロードは、航空便のフライト予約システム(MongoDBとnode.jsを実行)とトランザクションのコア・バンキング・アプリケーション(WASとDb2を実行)で構成されました。航空便システムの4つのインスタンスが実行され、そのうちの1つのインスタンスはDev/QA環境をシミュレートし、他の3つのインスタンスは実稼働環境をシミュレートしました。ワークロードのデリバリーに必要なIBM Zコアの総数は28でした。x86とz15の両方の環境で、同じストレージ・アレイにアクセス可能でした。ここで、総所有コスト(TCO)は、5年間にわたるハードウェア、ソフトウェア、人件費、ネットワーク、フロア・スペース、エネルギーにかかるコストと定義されます。IBMの社内ハードウェア・リスト価格が使用されました。x86サーバー価格はIDC社から取得されました。IBMソフトウェア価格は20%割引が適用された標準的なリスト価格です。詳細については、IBMのIT Economicsチームにお問い合わせください。