IBM暗号化テクノロジー

データ漏えいは、企業に対して運用上および財務上の大きな打撃を与える可能性があります。そのため、許可されたユーザーのみがデータにアクセスできる、のぞき見から守るといった適切な暗号化ソリューションを持つことが非常に重要になります。

メリット

ポネモン・インスティテュート社によると、いくつかのシナリオが、企業にとってセキュリティー上の最大の課題となっています。全方位暗号化のメリットを把握することで、そのシナリオとは何か、どのように防げるかをご確認ください。¹

データ保護を簡素化

2万9000ドル

システムの複雑さが原因で、漏えいに関するコストが平均2万9000ドル増えています。

ITインフラストラクチャーの保護

320万ドル

システムの欠陥による漏えいで、平均320万ドルの損失が発生します。

事業継続性の確保

25,575

1回のデータ漏えいで平均25,575件のレコードが失われています。

あらゆる場所でのデータ暗号化のためのプラットフォーム

IBM z15™では、1日あたり最大190億件の完全暗号化トランザクションを実行することで、オンプレミスまたは処理中のデータを保護し、ポリシーによりプライバシーを管理できます。

暗号化のためのテクノロジー

ポリシーによるデータ保護

ポリシー管理を使用して、エンタープライズ全体にデータの保護とプライバシーを拡張します。

全方位型暗号化

効率的に、コスト効率よく、アプリケーションを変更することなくデータを暗号化します。

伝送途中のデータの保護

IBM ZからDS8900F間で、FICON®およびファイバー・チャネル(FCP)リンク上でやり取りされるデータを保護し、暗号化します。

高スループットの実現

機密性の高いワークロード用に設計されたHSMと、オンチップ・アクセラレーションのためのCPACFを使用できます。

鍵管理の一元化

暗号化をデータ分類から分離することで容易にし、自動的なデータ暗号化を実現します。

保管されている場所でのデータの保護

IBM Z®とIBM Storageが連携して、データ保護とサイバー・レジリエンシーの実現に貢献します。

暗号化機能の採用を加速

IBM Z Forward Acceleration Initiative

IBM z15を購入いただくことにより、オンサイトやリモートでのサービスを対象とした特典を獲得できるようになり、新たな暗号化やデータ・プライバシーのテクノロジーを迅速に採用できます。



IBM Systemsラボ・サービス・コンサルタントの実績のある専門知識が、お客様の投資の最大限の活用にいかに寄与するかをご覧ください。

参考情報

Thinkの専門家の見解を聞く

IBM Zをご利用になれば、お客様は場所を問わず暗号化を実行できます。

z/OSデータ・セットの暗号化

z/OS®データ・セット暗号化を開始する方法について説明します。

SoR外部の保護

データを損失や無許可アクセスから保護します。

次のステップ

お客様のビジネスにとって、あらゆる場所でのデータ保護を実現するために、次に何を行うべきかご確認ください。