Master the Mainframe コンテストとは?

全世界の学生を対象に年1回開催する「メインフレーム」に関する実践的なスキル習得を目指した、オンラインでのプログラミング・コンテストです。世界中の意欲的な学生が入賞やデジタルバッジ獲得を目指して競いながら、最先端テクノロジー「メインフレーム」について学んでいます。

パソコンから米国にあるメインフレームにアクセスし、ガイドに沿って課題に取り組み、プログラムの品質を競います。

プログラミングの経験がない方でも、チャレンジできる内容となっています。

(写真 : Master the Mainframe 2018 表彰式に参加された受賞者の皆さん)

コンテスト内容

コンテストは3つのパートにわかれています。
いずれもガイドに沿って進めていただけます。

コンテスト内容: Breaking the ice Part1 メインフレームを使ってみる 自分のパンコンからメインフレーム環境にアクセスしてみます。Practical experience Part2 システムプログラマーとして体験する パート1で習得した知識を生かしながら、より実践的なハンズオン・トレーニングを行います。Real-world challenge Part3 プログラミング・チャレンジ 実際の業務システムを想定した課題が与えれます。WIN!

Part 1

基礎を学ぶ

ご自身のパソコンから米国にあるメインフレームにアクセスし、ユーザー・インターフェース、基本概念、データ構造などを理解します。スクリーンショット付きのガイドを参照しながら、楽しく学べます。

Part 2

演習

プログラム・コマンド、プログラミング言語(C、JAVA、COBOL、アセンブラー、REXXなど)を使用してメインフレーム上で開発します。IBMメインフレーム独自OSであるz/OSについても学びます。

Part 3

専門知識を得る

メインフレーム開発者が実際のビジネスで直面するような課題が提示され、その解決のためのプログラムを開発します。

応募要領

参加資格

  • 高校、大学、大学院、専門学校に在学中の方
  • 受賞の際にプロフィールを公開可能な方

開催期間

参加申し込み

2019年8月15日(木曜日)から12月31日(火曜日)

コンテスト

2019年9月9日(月曜日)から12月31日(火曜日)

*時間は全て米国時間です。

*ご自身のパソコンから好きな時にいつでもチャレンジしていただけます。

IBMの Master the Mainframe コンテストで、弊社はメインフレームのスキルを持つ学生を採用することができました。メインフレームのスキルは、決済の安全性を高め、大容量/高可用性を維持すると同時に、ネットワークの到達範囲と能力を拡張するうえで重要な成功要因です

Jeff Gill、Senior Director、Switching Systems、Visa Inc.,

「Master the Mainframe 2017」でアジアのRegional Winnerとなった渕上紘行さんの執筆記事

Powered by AngelHack,  Sponsored by IBM in cooperation with Rocket Software Japan

* Rocket Software Japanは日本のみでの協力会社です。