IBMテープ・ライブラリーとテープ自動化

IBMテープ・ライブラリーとテープ自動化

概要

IBMテープ・ライブラリーをお勧めする理由

一般に90日後には、80%以上のデータは二度とアクセスされなくなるか、アクセス頻度が低くなります。 テープは、アクティブ・データよりもパフォーマンス要件が低い、このようなコールド・データの保管に最適なメディアです。 データの長期保存にディスク・ストレージではなくIBMテープ・ドライブとライブラリーを使用することで、増加するデータの保管コストの劇的な削減が可能になります。 

IBMは、幅広いラインアップで、エントリー、ミッドレンジ、エンタープライズのシステム環境向けに高性能・大容量のテープ・ライブラリーとオートローダー機能を提供しています。


お客様事例

基幹業務データを保護、アクセス、管理します

これまで以上に迅速なデータ移行を可能にし、バックアップの複雑さを軽減し、頻度を高め、安全でコスト効率の高い方法でガバナンスを合理化します。

導入事例を読む
専門家へのお問い合わせ

ミッション・クリティカルなデータを、より迅速かつ容易に、コスト効率良く保護し、アクセスし、管理するための方法を学ぶ準備はできましたか? IBMの専門家がいつでもお手伝いいたします。

Eメールを送信する